2006年05月03日
写真館-桜満開

澄み渡る青空に輝く淡いピンク。北国の春。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2006年05月04日
キャベツハクサイ4連-1.jpg

先月の中ごろ、カタツムリ用のエサとして買ってきたキャベツとハクサイの苗、こんなかんじで成長しています。
向かって左側がハクサイ、右側がキャベツです。

さすがアブラナ科、見るからにおいしそうです。

もう少し葉っぱを大きくしてから、葉緑素たっぷりの新鮮な葉っぱをあげたいと思います.........@ノ”
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2006年 | 更新情報をチェックする
2006年05月05日
写真館-野鳥

タンポポの種子をむしって食べる野鳥。
何という鳥かはわかりませんが、すずめとは違うようです。
車が通りかかると警戒はしますが、逃げずに食べ続けるような人里の野鳥の姿です。

風に運ばれるタンポポの種、時には野鳥によって遠い遠いどこかに運ばれることもあるのです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 野鳥 | 更新情報をチェックする
2006年05月06日
松-060506

松の芽の中心部分に、なにやら本葉らしきものが見えるようになりました。
よく見ると、これも何本か集まってできているようで、本葉も8〜9枚の葉っぱがありそうです。

一年草のヒマワリやアサガオの芽に比べると成長は遅いのですが、なんせ木です、木。じっくりゆっくり育っていく植物ですから、こっちも気長に育てて生きたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ盆栽と苔 | 更新情報をチェックする
2006年05月14日
カタツムリ-060513

カタツムリの大きさ、上の写真のとおりです。

飼育し始めた当時は1cmほどだったのですが、2.5cmにまで成長しています。見るからに、もうりっぱなカタツムリ。かわいいです。

今日は親とスーパーに行ったのですが、緑がかったキャベツの葉っぱをあげたくて、キャベツを買おうと言ったのですがまだあると言われ、仕方なく箱の中に捨ててあるキャベツの葉っぱを2枚ほどもらってきました。

レジのお姉さん、不思議そうに2枚の葉っぱをカゴに移していましたが、かわいいカタツムリのためです。貧乏くさいことも平気ですw

そんなわけで、ただでもらったキャベツの葉っぱをおいしそうに食べるカタツムリくんなのでありました.........@ノ”
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2006年 | 更新情報をチェックする
2006年05月24日
甘夏の発芽

種を見ると植えたくなるのはあらゆる種に共通なのですが、甘夏の種を植えてみました。

種子をよく洗い、水につけておきます。
1日くらいすると透明な無味無臭のゼリー状のもので覆われますので、これを洗い流します。この工程を数日間にかけて、数回繰り返します。
ヌルヌルしなくなったら、種子の外皮を丁寧にむきます。
そのまま水につけておいて、根のようなものが見えてきたら、土に植えます。
種子の表皮や果実には発芽抑制成分が入っており、よく洗わないと発芽しません。
このあたり、植物のすごさを感じます。熟れてそのまま真下に落ちて発芽したのでは、子株と親株が栄養の奪い合いをして、双方だめになってしまいます。このため、動ける生物(動物)に遠くまで運んでもらったほうが都合がいいのです。だから動物が好きそうなおいしい実を結実させるのです。
動物の体内に入った種子はやがて再度地面に落ち、雨風にさらされてほどよく乾燥します。乾燥した種子の表皮は、亀裂が入って風で吹き飛んでしまうのかもしれません。
この状態で、発芽抑制物質はほとんど無いと考えられます。
だいたいの植物は、動物や自然現象をうまく利用しながら子孫を増やしています。
言葉を発しない、動きを感じられない、そんな植物も知恵を身につけながらこの地球に生きているのです。

能書きはいいとして、発芽のもようの実況。

種を植えて発芽・・・、アサガオやヒマワリのつもりで見ていたのですが、様子がちょっと違います。
上の写真を見るとわかりますが、いきなり本葉が発芽します。
ヒマワリやアサガオでは、種子の中の栄養が詰まった双葉も地上に出て二つに開くのですが、甘夏の場合は双葉にあたる部分は地面の中に居座り、その隙間からいきなり本葉が地上に出てきます。
いわゆるイモか球根のようなかんじで、単に養分供給の役割を果たすだけで、日光を浴びて光合成をするわけではなさそうです。

種を蒔く準備段階として種を水につけておいたのですが、この時点で不思議だと思っていました。水を吸った種からは、普通は1本の根が出てきますが、甘夏は2本出てきました。奇形かなと思っていたら、全部そんな感じでした。
今思えば、2本のうちの1本は本葉の茎だったということになります。

よくよく考えてみれば甘夏は木です。思い起こせば、ドングリ(コナラの木の実)なんかも、同じような発芽のしかたをします。
甘夏の種とはいえ、木の種なので木の実ということになります。
からくりが解ければなんのことはないのですが、木の発芽もおもしろいなという素直な感想。

ちなみに、柑橘系の植物は濃い緑色の葉をつけ、小さいうちから葉から柑橘系の香りもします。この甘夏はもっぱら観葉植物として飼育するのであり、結実まで期待していないのは言うまでもありませんw

そんなわけで、松、甘夏、ヒマワリ、アサガオ、コスモスそれぞれ10株以上成長中。
園芸屋でもしますかな。将来楽天で「ぁぃの身近な園芸店」なんかを見つけたら、ぼくだと思ってください。うそです。

じじぃになったら、間違いなく盆栽してんだろうな・・・(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 甘夏 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る