2006年09月01日
写真館-クサキリ

会社から帰ろうと思って玄関を開けたらいました。
褐色型のクサキリです。キリギリスの仲間です。
超音波みたいな鳴き声で、ジーーーーーーと鳴きます。

たまには超拡大バージョンも見てみたい人は、下の画像をクリック

写真館-クサキリ

写真館-クサキリ

こちらは、緑色型のクサキリです。同じ玄関先にいました。
クサキリには、このように褐色型と緑色型のものがいます。

しかし、同じ日同じ時間同じ場所に同時に色違いが現れるなんて、まるで「ブログで紹介しろよこのやろー」と言われたような気がしたので、本日紹介してみました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年09月02日
写真館-セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ

長ぇーよっ!この名前、なんとかできないものか。
そんなわけで、赤いアブラムシです。
初めて見たので、写真を撮ってみました。調べたら、「セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ」というそうで、セイタカアワダチソウという植物につくヒゲの長いアブラムシということで、ヒゲだけではなく名前までも長いわけです。
写真は、オスとメスとその子供たちの大家族のもようです。
羽根の生えているのがオスです。

写真館-セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ

別の家族のもようです。おしりから、何か赤いものが出ています。
なんでしょうか。子供でしょうか。薄い皮に包まれている子供にも見えます。もしかしたら、出産中という貴重な瞬間を撮ったのかもしれません。生物学者様からのコンタクトをお待ち申し上げておりますw

写真館-セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ

こんなシーンもありました。おしりにある2本の黒い管から、オレンジ色の液体を出しています。
アリが大好きな甘い液体でしょうか。指で取ってなめてみようかとも思いましたが、やめました。

このアブラムシ、警戒態勢に入るとウェーブをします。ハチやアリのように集団性が強いのかもしれません。
レンズを近づけるだけで、みんなでピクンピクン動いて、それが波打つように見えます。なかなか気色悪いですw

アブラムシは緑色のと黄色のは見たことがありましたが、赤いのは初めてでした。このアブラムシは外来種とのこと。
アップで見ると、脚が白黒のグラデーションだったりで、スズムシにも似ています。
どこかの高級な塗り物のような体をしている赤いアブラムシでした。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年09月02日
写真館-獲物を捕食中のハナグモ

ハナグモです。
名前のとおり、花や葉っぱにかくれて獲物を捕ります。けっこうよく見かけるクモです。

緑色の体がきれいで、あまり気持ち悪くありません。
カメラを構えたときには夢中で食べていたのですが、シャッターを切る瞬間に威嚇ポーズをしてくれました。
それでも獲物はくわえたまま、しっかりものです。

ハナグモは、前から1対目と2対目の脚が長く、この脚で獲物を捕らえたり威嚇したりします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年09月03日
食事中のカタツムリの口もとの動画

まず、状況の説明です。
上の絵のように、キャベツの葉っぱの裏側にカタツムリがいます。
位置は、黄色の線のとおりです。
そして、キャベツを食べ始め、穴が開いて口もとが見えるようになっています。

普段はなかなか見られないカタツムリの口もと。
その口もとのようすを、動画に撮ってみました。
ボリュームを少し大きくしてみると、バキバキ食べる音も聞こえてきます。



この食べ方を人に例えてみます。
1.葉っぱの裏表を口にはさみます
2.下あごを大きく前に突き出します
3.下の歯で葉っぱを削り取るように噛み切ります

こんなかんじでしょうか。

けっこう硬そうな歯をしているようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2006年 | 更新情報をチェックする
2006年09月03日
写真館-カエルのひとりごと

夏が終わるなぁ・・・
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2006年09月04日
4匹目が前蛹になりました。
今までは、ふたのところで蛹化したのですが、今回初めてサンショウの小枝で前蛹となりました。
今度こそサナギになる瞬間を撮影しようとしっかり気合いを入れて待ち構えて撮影したのが、下の写真です。

アゲハ幼虫4匹目がサナギに

撮影失敗です_| ̄|○

ちょっとタバコを吸いに目を離した瞬間、このありさまでした。
おまけにピントも合わず、今回も撮影失敗です。

それにしても早い。あっという間に皮を脱いでしまいます。
体をくねくねさせて皮を落とそうとする動きは見ることができたのですが、見たときにはすでに皮はしっぽの先でした。
そしてむなしく脱いだ皮が下にぽろり・・・。
落ちた皮の撮影を、むなしくしたのでありました(´・ω・`)

このサナギくんは、「小枝くん」と名づけましょう。
ここで名前の整理です。
・1号くん:ふた中間部の撮影しづらい端っこで蛹化した第1号
・天井くん:ふたの一番高いところでつり天井式に蛹化した度胸者
・イナバウアーくん:撮影しやすいふた中間部で蛹化した人気者
・小枝くん:今回蛹化した天然素材志向の自然派

残る1匹は、まだ5齢幼虫のままです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る