2008年01月08日
あいさつをするカブトムシ

あけまして8日でございます。
今年もよろしくです。

そんなわけで、あっちもこっちも冬眠中なので生き物に動きがなくて書くことがありませんw

ということで、『昔撮った写真』というカテゴリーを強引に立ち上げ、ぽつぽつ書いていこうかと思ったりするわけです。

今回は、昔飼ってたカブトムシです。
卵から孵化させて、幼虫のころからさわられながら育ったカブトムシなので、呼ぶと『ここにいるよぉー』とばかりに手を上げるくらい慣れていました。
撮影は、2001年5月18日です。

3〜4世代くらい継続しての飼育でした。
マットも自家発酵させたりで、どんどんカブトムシにはまっていった時期です。
今でもそうですが、当時は外国産カブやクワが大人気でした。
ペットショップで見たことがありますが、でかくて動きも鈍く、鑑賞の要素が多いような印象を持ちました。
値段も高いので、生き物というより置き物といった感じで、変な感覚でした。
生き物と接するとき、値段を意識してしまうような接し方は、生き物に対して失礼です。
ましてや、死んだら損をしたというような損得で命を語るなんて、もってのほかです。

国産カブトムシ、決して粗雑に扱うということではありませんが、気負いもなく接することができる昆虫です。
表情もあり、動きも活発でどんどんさわれます。
秋になると、寿命で死んでしまいます。
変態も含めると短い期間の中でたくさんのことを経験し、教えられるのが、国産カブトムシの飼育です。
子どもたちにぜひ飼育させたい昆虫の中のひとつです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(4) | 昔撮った写真 | 更新情報をチェックする
2008年01月09日
浅草寺のハトポッポ

2000年12月20日に撮った、東京浅草の浅草寺のハトです。

カメラをハトの視点まで下げて液晶を覗くと、まるで自分がハトの中に入ってハトになってしまったかのような錯覚を感じました。
観光地のハトらしく、カメラという機械を理解しているのか、まったく怖がりません。
『どけどけ〜』とばかりに構うことなく前進してくるハトの大群は、たくましくもありました。

比較的寿命の短い生き物の写真は、古くなるにしたがって、決まって思うことがあります。
もう年寄りになったんだろうなぁとか、みんな死んじゃって今は子孫たちに入れ替わったのかなぁとか、命のサイクルを感じえません。

たった数年前の過去という時間の中に、ひとつの命の完結がいくつもある。
生まれては消えていく命の繰り返しを感じさせる不思議な力が、写真というものには確かにあります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | 昔撮った写真 | 更新情報をチェックする
2008年01月13日
水元公園の猫

東京下町の水元公園のベンチのネコ。
2001年11月22日撮影です。

人がいても逃げもせず、近寄りもせず、撫でられれば撫でられるままにしているネコ。
鳴きもせず、動こうともせず、ただ風景や人の姿を見ているばかり。

きっと、ここの公園に住み着いて長いネコだと思います。
何事にも動じないその姿は、たくましくもあり、うらやましくうつりました。
ネコはネコなりに長老になり、その貫禄はだらしない人間を超えることがあります。
少なくてもこの時は、撮影者を越えていました。

このネコはたくさんの人間の悩みを聞いてきたかもしれません。
このネコには、かわいいという要素がありません。
人間と対等に話ができそうな、そして悩みを聞いてくれそうな、そんな貫禄があります。

自分自身より、はるかに大きく見えた初めてのネコです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 昔撮った写真 | 更新情報をチェックする
2008年01月15日
私を起こすのは誰?

ふと、コンクリートブロックを持ち上げたら、なにやら寝息が…


私を起こすのは誰?

す、すまんっΣ(゚д゚lll)
土の色になって昆虫といっしょに冬眠中のカエルくんでした(^^ゞ

ブロックの下という、これ以上の場所はないくらいの最高の場所だったのに、真冬の風が肌身に沁みそうです。
近くにプランターがあるので、そっちに移ってくれたかなぁ…
次の日にはいなかったので、たぶんプランターの下です。
プランターは動かさないから、春までぐっすりたのんま。
いやはや、いろんなところに命ありですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | カエル | 更新情報をチェックする
2008年01月18日
気まぐれお目覚めカタツムリ

冬眠中でも、ふいに起きて歩き回るのを見るのは、今回が初めてではありません。
ある程度歩いて、また眠りに入ります。
いちおう、「まだ寝とけ」とは言ってあげます。


気まぐれお目覚めカタツムリ

動きもふだんよりさらに遅く、まさに寝起きです。
あんまり長く歩き回るときは、その個体だけに軽く霧吹きをして水分補給をさせてあげます。


気まぐれお目覚めカタツムリ

ムニャムニャ…


気まぐれお目覚めカタツムリ

ムニャムニャ…


気まぐれお目覚めカタツムリ

こちらは、親カタツムリの飼育ケース。
冬眠したては壁にくっついていましたが、今では全員枯れ葉の中です。
さすがはベテラン組、枯れ葉の存在を理解しています。

外は氷点下10度近くまで下がる真冬ですが、自然界のカタツムリもそんな気温の中で冬眠中です。
凍らないんだろうか…w

.........@ノ”<地面は地熱で意外と寒くないお
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | カタツムリ〜2008年 | 更新情報をチェックする
2008年01月19日
雪をかぶるオオカマキリの墓

うっすらと積もった雪の下で静かに眠るオオカマキリ。

完全に雪の下に隠れてしまうのは、もう少し先のようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る