2008年05月01日
イチゴの親株は元気です

種から芽が出た第一世代の親株たちも、暖かくなって葉を伸ばし始めました。

ぼくは、この親株が発芽した瞬間を知っています。本葉を出した瞬間も知っています。吹きかけた息で倒れそうなほど小さくてか弱いあの芽が、ランナーを出してたくさんの子株を残し、その子株たちもみんな元気です。
まだまだ元気そうな親株なので、引き続き育てていきます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | イチゴ | 更新情報をチェックする
2008年05月01日
ハクセキレイとの出会い

1羽のハクセキレイが、オオカマキリのお墓の近くをうろうろしていました。
50cmぐらいまで近寄っても、逃げようとしません。
それどころか、そのまま鉢皿の水を飲んでいます。


ハクセキレイとの出会い

ハクセキレイは里ではめずらしい鳥ではなく、よく見かける野鳥です。
しかし、だいたいは10mも近づくと逃げ、夫婦でいることが多い鳥です。
見たところ、別にけがなどもしていないようです。ただ、毛づやが少し悪いので、ご老体か病気かもしれません。
それでも野性の本能で無理やりでも逃げるはずですが、なぜかここでリラックスしています。


ハクセキレイとの出会い

『お久しぶりです…』

…まさかっΣ(゚ロ゚;)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | 野鳥 | 更新情報をチェックする
2008年05月02日
タンポポの蜜を吸うミツバチ

気温が上がると、昆虫たちの姿を多く見かけます。
中でも、草原を黄色に染めるタンポポの花には、いろいろな昆虫たちが集まってきます。
代表的なのがミツバチ。
花粉を体じゅうにつけて、せっせせっせと蜜を集めます。

ミツバチは高等な昆虫なので、危害を加えない態度をとると、けっこう近くまで近寄れます。
ただ、蜜集めのときは花から花へと次々に飛び移るので、シャッターチャンス的には難しい部類です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年05月02日
桜満開なり

今年は早いと言われていた桜ですが、結局例年通りの時季になりました。


桜満開なり

この、もふもふ感がたまりませんな。


桜満開なり

花見宴会の良さは、この角度で空が背景になる点でしょう。


桜満開なり

しかし、別の木では緑がすでに…


桜満開なり

今年もたくさんの花をありがとう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2008年05月02日
イチゴの開花キタ━(゚∀゚)━!

ベランダのプランターに植えてあるイチゴが、ついに開花しました。
イチゴの実から小さな種を採り、それを発芽させて親株を作り、親株のランナーから伸びた子株をプランターに移し、その子株の花が咲きました。
しかし喜ぶのはまだまだ早いです。うまく受粉してくれるか、そこが実はヤマなのであります。


イチゴの開花キタ━(゚∀゚)━!

おしべの花粉袋はまだ開いていないようなので、人工受粉はできません。
人工受粉は同じ花の花粉だとだめだと思うので、別のつぼみも咲きそうなので、そっちとの花粉のつけ合いっこができたらしてみます。
いっせいに開花してくれれば相互に受粉できそうですが、そのあたりは素人栽培なのでコントロールできていません。
こういう時こそのミツバチなので、なんとか来てくれればラッキーなのですが。
これからどうなることやら、快い緊張感なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | イチゴ | 更新情報をチェックする
2008年05月02日
カエル待ってろよのヒマワリ

種蒔きポットから発芽していた大輪ヒマワリ3本を、地面に植え替えました。
好きなだけ太陽を浴び、好きなだけ根を伸ばし、健康に育ってほしいものです。
唯一、心配なのがナメクジ。
去年もおととしも、発芽したてのいろいろな芽をナメクジに食べられました。
おいしいのはわかるんですけどねー(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ヒマワリ〜2008年以前 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る