2008年10月01日
しゃきっとしない覆輪アサガオ

今年初めて植えた覆輪アサガオですが、生長が遅いです。
花は咲いていますが、厚さがすごく薄い花で、すぐしんなりとへたってしまう状況。
寒さが影響しているのか弱くて敏感な種類なのかわかりませんが、こぼれ種から咲いたマルバアサガオのほうが元気に咲いています。
高めの気温と多い日射量を要求する種類のような気がします。
半日かげに置いた鉢植えの覆輪アサガオのほうは、いまだつぼみもついていません。


しゃきっとしない覆輪アサガオ

確かに覆輪したアサガオなのですが、華がありません。
和風とはいえ、華はほしいところです。

ヘブンリーブルーのほうは花期も終わりそうで、毎日1〜2輪の花をかろうじて咲かせています。

今年の夏は去年より暑かった期間が短く、暑さを要求する植物の育ち方が変です。
これは野菜にも言えていて、家庭菜園のかぼちゃなどの野菜の質が悪いです。
暑がりの自分にすればいい夏だったのですが、夏の苦痛が少なかった分、秋のすがすがしさも少ないような気がします。
「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」の法則ですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | アサガオ〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
2008年10月01日
タンポポの綿毛

km単位で種を飛ばすあなたの繁殖力と、雪の下でも緑の葉を広げるあなたの生命力には、野生の強さを感じます。
また春になったら、緑の野原を黄色一色に染めてください。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2008年10月01日
徐々に花咲く虹色スミレ

虹色スミレが、さらに2輪開花しました。
1週間ほど前に最初に咲いた黄色が強い花は、いまだに凛と咲いています。
思ったより花期が長いのに加えて、次のつぼみも同じ株から見えているので、あとは寒さとの兼ね合いです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 虹色スミレ | 更新情報をチェックする
2008年10月02日
今年のヒマワリ終了

今年もカエルの休みどころとなってくれたヒマワリですが、種子をつけて間もなく枯れ落ちようとしています。

今年は台風の到来が皆無に等しく、変な年でした。
おかげでヒマワリも倒れることなく、その生涯を終えようとしています。
夏の記憶は、どんどん遠ざかっていくわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ヒマワリ〜2008年以前 | 更新情報をチェックする
2008年10月02日
限界のカエル

このカエルはここを住みかとして長いのですが、体もすっかり生長して全部入らなくなりました。
それでもよっぽど居心地がいいのか、日中には必ずここをねぐらにして休んでいます。
まさかここで冬眠するつもりじゃないといいのですが。
ホーキが使えません(;一_一)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | カエル | 更新情報をチェックする
2008年10月02日
セグロカブラハバチの幼虫

何の変哲も無い原っぱの一画ですが、こんな中にも昆虫が潜んでいます。真ん中あたりです。


セグロカブラハバチの幼虫

セグロカブラハバチの幼虫が、ナズナの種子の鞘を食べていました。正確には、マメグンバイナズナになります。
熟して硬くなる前の種子だと、やわらかい種子ごと食べることができます。
冬越しの前には栄養をつけなければならないので、もくもくと食べています。


セグロカブラハバチの幼虫

やわらかい種子どこー?


セグロカブラハバチの幼虫

やわらかい種子見っけー!


セグロカブラハバチの幼虫

あ、ぁぃぁぃさんこんにちは♪


セグロカブラハバチの幼虫

背中に食べかすが付いてますよ(^O^)


セグロカブラハバチの幼虫

ちなみに、セグロカブラハバチの成虫は、上の写真の赤いところが黒くなったようなハチです。
この写真は、背中が赤いニホンカブラハバチです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る