2008年12月24日
雪の結晶

大気と地表の気象条件がそろわないと見ることのできない雪の結晶。
氷点下3度の12月の夜、それは姿を見せました。


雪の結晶

その日は雪ではなく、雪の結晶が降っていました。
積もるのではなく、結晶が折り重なっていきます。
地球が生んだこの現象に見とれていた10分間は、地球という時間の尺度から見れば一瞬の出来事でしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る