2009年10月01日
例の水生昆虫わんさか

色が色なので目立ちませんが、良く見たら20匹ぐらいはいるようです。
あんまりいるので、スズムシの飼育を思い出してしまいました。


例の水生昆虫わんさか

体をくねらせて泳ぎ、石まで来ると歩き出します。
天敵の魚がいないので、悠々と過ごしているようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2009年10月01日
ゲンノショウコに挑むサナギ

久々に笑ってしまいましたが、ゲンノショウコのくるりんぱとなる部分でサナギになっているテントウムシがいました。
しかもよく見ると、くるりんぱとなる部分の1本を押さえこんでいるようです。
体の硬いサナギのうちはいいのですが、羽化のときには押さえきれないでしょう。
しかし、腹部の先の接着部分は強靭で、飛ばされることはないと思います。
また、くるりんぱとなったとしても、羽化するのに必要なスペースはありそうです。
種の部分につかまって、羽化しやすくなるかも。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2009年10月01日
クロヤマアリの触角そうじ

脚に生えている無数の細かい体毛で、触角についたゴミを拭うようにそうじしています。


クロヤマアリの触角そうじ

脚に移ったゴミを、今度は口でかき集めて捨てます。
日常的に見られるしぐさですが、まわりに仲間が多くいたり湿度が高かったりするときには、特によく見られます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2009年10月02日
スポンジ大好きヨトウムシ

ヒマワリの花のガクに穴をあけ、中のスポンジ状の部分を食べるヨトウムシ。
さすがは害虫の王様、おいしいところを知っています。


スポンジ大好きヨトウムシ

地面から茎を上り、ここまでやってきたヨトウムシ。大きさは3cmを超え、食欲もかなりのようです。
しかしながら、このヒマワリはカワラヒワにプレゼントするためのもの。種の育成に支障があってはならないので、退散していただきました。
今年もカワラヒワ来いよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2009年10月02日
吸蜜するイチモンジセセリ

久々に見るイチモンジセセリ、過去にはここでも紹介しています。
ずんぐりとした体に小さめの羽根ですが、飛び方はシャープです。


吸蜜するイチモンジセセリ

気温が低いので、時々日光浴をしながらの吸蜜になります。
変温動物は、気温が低くなると体が動かなくなるので大変です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2009年10月03日
今年もクマバチが大忙し

ブ〜ンと羽根音を響かせながら、今年もホトトギスにクマバチがやってきました。
人を警戒することは少ないのですが、とにかく休むことなく蜜や花粉を集めて動き回るので、被写体としては難易度が高めです。


今年もクマバチが大忙し

花粉団子も見事な大きさ。がんばってますな。
ホトトギスは今が盛り。次から次と新しい花が開きます。
クマバチもそれを知っているので、毎日のように姿を見せてくれます。


今年もクマバチが大忙し

そんな中、マイペースのハナアブは、ひなたぼっこをしながらナンマイダでした。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る