2010年03月01日
枯れ葉に潜るカタツムリ

今までほとんどのカタツムリがふたの裏で冬眠していましたが、4匹を残してみんな枯れ葉の中に潜ってしまいました。
素直に枯れ葉の中のほうが住みやすくなったということなのですが、気温なのか湿度なのか寝心地なのか、そのあたりは謎です。


枯れ葉に潜るカタツムリ

それでもたまには起きて歩き回っているようで、1匹が濡れた枯れ葉を食べていました。
ちなみに、砂利の上に見えるのは水面です。このように砂利を完全に水没させるのは今回が初めての試みですが、自然界ではこのような場所もあるのではないかとそうした次第。
水位は、カタツムリの呼吸穴が触れない程度にしています。


枯れ葉に潜るカタツムリ

ふんを見ると枯れ葉です。やはり食べているようです。


枯れ葉に潜るカタツムリ

枯れ葉の浅いところに潜っているカタツムリがいました。他は深く潜っているようですが、もしかしたら深いところの濡れた枯れ葉を食べているのかもしれません。もしそうであれば、実質的に活動期に入ったわけで、冬眠から覚めているのかもしれません。
まあ室内環境ですので、気温的には十分に考えられます。
このカタツムリたちは、今年は産卵期になります。いっぱい食べて大人になって栄養をつけて、たくさんの卵を産むことでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(8) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2010年 | 更新情報をチェックする
2010年03月02日
パンを食べるハクチョウ

田んぼにいるハクチョウの姿が見えなかったので、川に来てみました。


パンを食べるハクチョウ

『お、袋持ってるぞ、袋!』

さっそく気づいたハクチョウ。ものほしそうな瞳で見つめられました。


パンを食べるハクチョウ

水面に向けてパンの耳を20数個放りましたが、近寄ってきたハクチョウには手渡しであげました。つか、噛まれてます(^_^;)


パンを食べるハクチョウ

全部あげた後にふと横を見たら、子どものハクチョウが大接近していました。しかし、もうあげるパンはありません。


パンを食べるハクチョウ

『ちょっとぉ〜、ボクのは無いのぉ〜?』

帰ろうとするぁぃさんを、執拗に見つめます。
すまん、気がつかなかった次第。


パンを食べるハクチョウ

雪の上には、ハクチョウの足跡。


パンを食べるハクチョウ

頭の上には、ピーヒョロロのトビ。


パンを食べるハクチョウ

『また来てねぇ〜♪』 Σ(゚Д゚;)デカッ!
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | 野鳥 | 更新情報をチェックする
2010年03月03日
鉢の福寿草が開花

去年、鉢に植えた福寿草が開花しました。家の庭の福寿草も開花しています。
昨年の開花は3月15日、一昨年は3月13日、その前の年は3月3日です。
福寿草は、日中の気温がほんのり上がった日の太陽が出ているときに、花を咲かせます。


鉢の福寿草が開花

春を呼ぶ福寿草。呼ぶということなので、春が来たわけではありません。


鉢の福寿草が開花

去年の秋に球根を植えたムスカリも、芽を出し始めました。
それでも夜はまだ氷点下まで下がります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2010年03月05日
小さな虫たちの目覚め

石の隙間を注意深く見てみると、小さな昆虫がこっちを見ていました。


小さな虫たちの目覚め

ここにも小さな昆虫。気がつかないところで昆虫たちは活動を始めているようです。


小さな虫たちの目覚め

高い所に上って春のにおいを嗅いでいるのでしょうか。
タグ:昆虫
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年03月07日
小梅の発芽

土に移した小梅のタネが発芽し、3cm程になりました。
寒さに強い植物のせいか、この気温でも勢いのある生長をしています。


小梅の発芽

別の鉢でも発芽を確認。こちらも日々姿を変えるほど生長が早いです。
小じんまりと育てて、盆栽にでもできればと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 小梅 | 更新情報をチェックする
2010年03月09日
福寿草がピーク

先日開花した福寿草ですが、4つ花が開きました。
鮮やかなイエローが、殺風景な冬の景色の中に映えます。


福寿草がピーク

花粉をこぼし、花としては今がピークです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る