2011年05月12日
親カタツムリを冬眠から起こす

最低気温が10℃前後になってきたので、4か月以上も冬眠しているアオモリマイマイの親軍団を起こすことにしました。ふたを取ると3匹が壁にくっついていました。


親カタツムリを冬眠から起こす

ふたのほうにも3匹います。全部で9匹なので、あと3匹は枯れ葉の中にもぐっているようです。


親カタツムリを冬眠から起こす

注意深く枯れ葉を掘っていくと、カットルボーンのところに2匹いました。


親カタツムリを冬眠から起こす

別の場所の枯れ葉を掘ると、ここにこの姿勢で1匹いました。枯れ葉で深く包まれた場所にいた個体なので、膜が厚そうです。


親カタツムリを冬眠から起こす

おお、膜というよりはゴム状のふたです。白くなっているところが薄くなっており、わずかに亀裂が入っています。これが呼吸穴です。
このぶ厚い膜を取り除くと、中にさらにぶ厚い膜を張っていました。前にもそうでしたが、枯れ葉の深い部分で冬眠する個体の膜は非常に厚くなると同時に、ほぼ全数が二重に膜を張ります。
もっとわかりやすく言えば、何かにくっついて膜を張る場合は薄く、何にもくっつかないでコロンと転がった姿勢で単独で膜を張る場合に厚くなっていることが観察されました。

このあと飼育ケースを掃除して、再び中に戻っていただきました。全員無事に冬眠を完結し、今ではキャベツをバリバリ食べています。
その模様を、次回書きたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る