2012年09月01日
サワガニ水槽の水温と室温

室温25℃、湿度50%。エアコンが効いた状態での飼育環境です。


サワガニ水槽の水温と室温

水温は上記の環境状態で24℃。許容範囲ですが、もう少し低いほうが本来の清流に近づけられるかもしれません。


サワガニ水槽の水温と室温

水を入れたペットボトルを凍らせて、水槽内に投入。氷が全部解けるころには、水温は15℃前後まで下がります。冷えるときに水といっしょに砂利も冷えるので、半日程度は20℃以下をキープできます。


サワガニ水槽の水温と室温

カニはいちばん心地良い場所でじっとしますが、凍ったペットボトルの真下にいることもあり、急冷を望むこともあるようです。それでも一般的には"急"のつくことはできるだけ避けたほうがいいと思います。

けっこう危険なのが、飼育ケース内全域を同一環境にしてしまうことかもしれません。生き物の生態を熟知していれば最適な環境を設定できそうですが、そうでない場合は思い込みの環境を押し付けることとなり、生き物はその環境から逃れられなくなります。
何らかの物理的な変化を設けたり設定値に幅を持たせれば、生き物はその中で最も心地よい場所を自分で見つけ、好きなように生活すると思います。
広場があったり隠れ場があったり水流があったり留水があったり、冷水があったり温水があったり水中があったり水上があったりです。

実際、自然界では大雨や日照りなどで水量や水温がたびたび変わっているはずです。安定した飼育環境は延命のための飼育には適していますが、遺伝子が持っている情報は朝から晩まで快晴微風ではないと思います。
また、自然界のものや変動要因を可能な範囲で取り込めれば、生き物の遺伝子情報にもほんのちょっとだけ近づくのではないかなと思ったりします。自分がいろいろな生き物飼育で砂利や枯れ葉や木炭を多用するのは、そういう意味も少しあります。
誤解無きよう言っておきますが、これは自分の好きな飼育の方法であり、一般的な飼育マニュアルとは意味が違います。あーだこーだとあれこれ考え、いじくりながら飼うのを楽しんでいるだけの変人の思想なので注意(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | サワガニ | 更新情報をチェックする
2012年09月02日
サンスベリアの新芽

高さが10cmくらいのミニ観葉植物のサンスベリアですが、ちょっと前からハイドロカルチャーボールが盛り上がってきてこぼれそうになり、同時に新芽が出てきました。


サンスベリアの新芽

ポットの端っこから登場し、急速に生長しています。さらに、その右側にも新芽が出てきました。


サンスベリアの新芽

これです。大きいポットに移せばミニでなくなりますし、株分けといっても大ごとですし、いやはやまいった。とりあえず、ボールがあふれたらまた考えます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2012年09月03日
まだまだ幼虫

もう秋に入ろうとしていますが、まだまだ幼虫のままの昆虫も結構います。
タグ:昆虫 幼虫
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2012年09月04日
ゴムの木の再生

4〜5年くらい前に100円ショップから救い出した高さ10cmくらいのゴムの木。室内で観葉植物として育てていましたが、毎年ぐんぐん大きくなって摘芯剪定も2度行いましたが、昨年の秋には60cmを超えて転びそうになっていました。
そこで、昨年の秋に下30cm分だけを残すという思い切った摘芯を行いました。もちろん、摘芯後の30cmには葉っぱは1枚も無く、ただの木の棒が1本ある状態でした。わき芽の発芽を期待しての摘芯でしたが、正直だめかもなと思っていたところ、春にわき芽を出してきて、今では立派な葉っぱをたくさんつけています。

置き場所は室外。昨年までは室内に置いていましたが、日当たりが良くないせいで葉っぱが常に丸まった状態でした。それでも丈夫な植物なので生き抜いていましたが、今年から普通に日光を浴びる場所での生活となります。


ゴムの木の再生

ゴムの木は2本あり、こっちはもう1本のほう。


ゴムの木の再生

摘芯した跡。幹の直径は1cmぐらいです。背の低いゴムの木を目指した摘芯になります。
タグ:ゴムの木
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2012年09月05日
ブルーベリーは健在なり

ここでも書いたブルーベリーは、地味に生存中。もともと大木ではないせいか、かなりゆっくり生長しています。


ブルーベリーは健在なり

もう1本のほう。葉っぱが赤くなったので心配しましたが、こういう種類のようです。
最終的には、どちらも地植えの予定です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ブルーベリー | 更新情報をチェックする
2012年09月07日
エンマコオロギのカップル成立

野生採取グループのメス幼虫も成虫となり、その後オスと交尾してカップルとなりました。
右がメスですが、腹部の先に精球がくっついているのが見え、交尾が成功したようです。

このメスは羽化時に何らかのトラブルがあったようで、羽根の一部と左後ろ脚が欠損しています。また、卵管もわずかに反っていて、産卵時に多少労力がかかりそうです。

左が交尾相手のオスですが、交尾前は人間をよく観察していましたが、最近はいつもメスのそばにいて人間を見ると体を前後に振動させて威嚇してきます。
ただ、水やえさを交換するときは逃げもせずにすぐそばでじっと待っていることが多いので、人間を敵対視しているわけではないようです。

エンマコオロギ飼育でメスを守るための威嚇を見るのは初めてで、正直感動モノです。
昔カブトムシを飼ったときも同じようなことがありましたが、メスを守ろうとするオスの姿には凛々しさがあります。

近いうちに産卵床を用意して、産卵させたいと思います。産卵管がわずかに反っているので、床材は通常よりやわらかめにする予定です。内訳は、ピートモスやや多め、砂やや少なめ、黒土普通。7:1:2ぐらいでしょうか。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る