2013年06月01日
シーズンオフに買う飼育用品

買ってきました、ワゴンの中の処分品アンカ500円。シーズンオフによる利益の損失を避けたい店舗と1円でも安く買いたい消費者との間の円満な取引なのであります。

飼育や栽培をしていると、特に北国では"温めたい"といった場面が多くあります。しかし、飼育系や栽培系の暖房器具はとんでもなく高価で、そうそう買うわけにはいきません。
そんなときに電気店のワゴンの中は時に宝の宝庫になることがあり、それが決算期やシーズンオフのタイミングになります。
よいこのみんな、でんききぐはまちがったつかいかたをしたらだめだよ。ぁぃさんはわるいこなんだよ。(^^ゞ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 日常 | 更新情報をチェックする
2013年06月01日
サワガニの水温を下げる方法

サワガニは清流に棲む生き物なので水の温度があまりぬるくても問題ありなのですが、自分はおおよそ20℃以下を目指しています。
ここのところけっこう暑い日があり、水温が22℃ぐらいにまで上がりました。まあ大丈夫な範囲なのですが、あとちょっとだけ水温を下げたいと思い、例のごとく水を入れて凍らせたペットボトルを投入した次第。
ただちょっとだけ下げたいということで、水に入れる分もちょっとだけです。ゆっくり少しずつ下げる想定です。


サワガニの水温を下げる方法

ペットボトルの氷が3分の1ほど融けた段階で水温が16℃まで下がりました。今の気温と水温との駆け引きで、だいたいこの水温で安定するようです。
ペットボトルの深さや室温などで変わってきますが、そのあたりはやってみて観察してそれに応じるような試行錯誤が常にあります。


サワガニの水温を下げる方法

サワガニもなんとなく冷たい水域に移動したように思えます。つか、水槽内のレイアウトをまた変えました。
砂利を多くして木炭を完全に沈め、水量も増やしました。やはり、どうしても水の汚れる速さが速いような気がしたので、本格的な水温上昇の季節の前の改造なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | サワガニ | 更新情報をチェックする
2013年06月01日
ブルーベリーに花が咲く

ここでつぼみをつけていたブルーベリーが開花しました。
花の形はムスカリとそっくり。香りまでムスカリのような甘っとろい香りです。


ブルーベリーに花が咲く

花の奥に茶色く見えるのがおしべ、中央の緑の突起がめしべです。今回は必死に受粉させることはしないで、自然に任せてみようと思います。隣に置いている別種のブルーベリーとの間で自然に受粉するかどうかの実験です。たぶんしないでしょうw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(10) | ブルーベリー | 更新情報をチェックする
2013年06月01日
7月に刊行予定のNHK出版『子ども科学電話相談スペシャル(仮)』に、カタツムリの赤ちゃんの画像が使用されることになりました。
使用されるのは、ここの2枚目の画像です。
どのように使用されたかは、刊行後にでもまた紹介したいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 【メディア掲載履歴】 | 更新情報をチェックする
2013年06月02日
コケと共生するネジバナ

ラン科だからそうなのかわかりませんが、ネジバナの鉢にはコケが健康的に育ちます。ツメクサもさりげなく共生しています。置き場所もかなり日当たりのいい場所なのですが、ここだけがしっとりしたオアシスなわけです。
2008年の秋に野原から採取したネジバナは宿根草。毎年勝手に芽を出して花を咲かせますが、乾燥には弱いので冬でも水やりが必要です。開花時期は7月〜8月ごろになります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2013年06月02日
ホトトギスも着々と生長中

半日陰に置かれたプランターで今年も芽を出して生長中のホトトギス。宿根草なので、毎年勝手に芽を出して花を咲かせるので、手がかからなくていいわけです。
根が毎年太るたびに翌年に出てくる芽の太さもそれに合わせて太くなり、種蒔きから始まったホトトギス栽培も安定期に入ったようです。
噴水のように咲くホトトギスの花、まさに秋の風物詩なのであります。今年も咲きますように。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る