2013年09月01日
とにかく細いオナガグモ

窓のところに緑色の細い棒がゆらりゆらり揺れていました。シャクトリムシでも糸を出してぶら下がっているのかなとよく見たら、得体の知れない生き物でした。
なんだかわからないのでテーブルの上に置いて歩かせてみたら、それはクモなのでありました。


とにかく細いオナガグモ

真上から見たところ。クモはいろんな体型をした種類がありますが、こんなに細いのは初めて見ました。
調べてみたら、その名もオナガグモ。最大限の特徴がそのまま名前になっているようです。


とにかく細いオナガグモ

この姿勢になって重心を前に持ってこないと脚が引っかからず、ちゃんと歩けないようです。
さらに調べてみたら、細い葉っぱや枝に擬態するためにこんなに細い体になったということですが、歩けないほど体型を変えるなと言いたいのでありますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2013年09月02日
ミニトマト収穫8回目56個

ミニトマトもいよいよ終盤となり、ついていた実が一気に赤くなりました。例のごとく、熟すのを待って収穫とぁぃなりました。実の大きさは3cm弱、味は濃厚な味で変わりまりません。
終盤に差し掛かると味が落ちてくる傾向がありますが、週に1回の液肥による追肥を続けているせいか味が維持されているようです。
…というのも、家族が畑で栽培しているミニトマト(同品種)の味が収穫初期から悪いわけです。状況を訊いてみると、移植前に化成肥料をパラパラ撒いて以来、追肥は一切やっていないそうです。
実の違いとしては、畑のミニトマトは果肉が薄くてゼリーが多め、味は甘みがかなり少なくて酸味が強いかんじでした。日当たりは同等でしたので、やはり実を作る過程での栄養不足が実のつくりや味を変えたのだと思います。

ミニトマト栽培は家庭菜園の内では比較的簡単な方ですが、味まで追求するとなるとやはり手間暇かけた方がいいようです。
週1回の液肥追肥、はじめは正直めんどくさいのですが、一度甘い実を味わってからはこの味を維持しようとしてめんどくさくなくなります。そして収穫終盤までこの味が維持されることを知ってからは、来年もまた必ず追肥はやろうと心に決めた秋の午後なのでありました。

84個(8/7)21個(8/10)28個(8/12)35個(8/16)33個(8/19)20個(8/21)35個(8/26)+56個(9/1)=312個
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年09月03日
赤くなったトウガラシ

ここで赤くなりかけていた唐辛子が真っ赤になりました。この実が真っ赤第1号になります。
このまま放置すると、中の種がさらに熟して赤い皮の水分が減ってきます。ついている実が全部赤くなったころに全部まとめて収穫の予定です。


赤くなったトウガラシ

他の実も赤くなってきました。こういう過程を見るのも家庭菜園の楽しみです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年09月03日
キャベツ結球宣言

トマトは悪魔のように育っていきますが、キャベツやブロッコリーは化け物のように育っていくようです。
そんなキャベツもいよいよ結球を始めました。


キャベツ結球宣言

中央部から出てくる葉っぱが開かなくなり、反る方向も完全に逆になっています。この方向を維持したまま次々と新しい葉っぱが出てきて、それらが重なって丸くなっていきます。


キャベツ結球宣言

ブロッコリーの中央部を上から見ていますが、まだつぼみは見えてきません。普段はアメリカ産の安いブロッコリーしか食べていないので、完全無農薬の国産を食べるのが楽しみです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年09月04日
ミニトマトの実割れ大発生

雨降りが長く続いてプランターの土が長時間たくさんの水を含んだ状態になり、ミニトマトの実に裂果が生じました。


ミニトマトの実割れ大発生

まだ青い実にも発生しており、かなりの数が割れているようです。


ミニトマトの実割れ大発生

割れたミニトマトを急きょ収穫。9回目19個の収穫でした。ちなみに赤くなっている実の全数が割れていました。
84個(8/7)21個(8/10)28個(8/12)35個(8/16)33個(8/19)20個(8/21)35個(8/26)56個(9/1)+19個(9/3)=331個


ミニトマトの実割れ大発生

凛々子は、3回目4個の収穫。実割れは発生していません。
8個(8/19)13個(8/26)+4個(9/3)=25個


ミニトマトの実割れ大発生

ちいさなももこは、4回目26個の収穫。左列の8個が割れています。
7個(8/17)12個(8/21)23個(8/26)+26個(9/3)=68個


ミニトマトの実割れ大発生

ニンジンも強い雨で倒れています。左のプランターは土が締まっているので葉の一部が下がった程度ですが、右のプランターは締まっていないので株ごと倒れるものが出ました。さらに土寄せをして倒れないようにする予定です。


ミニトマトの実割れ大発生

大きな葉を広げて風に弱そうなキャベツ&ブロッコリーですが、こちらはびくともしていませんでした。
ブロッコリーは茎がかなり太くなり、強度も増しています。キャベツは茎はあまり太くありませんが、下葉で鉢の縁を押さえてふんばっており、これはこれで強度がある状態です。
どちらも濃い緑の葉っぱ。カタツムリが喜んで食べそうな状態です。

.....@ノ”<はやくバキバキ食べたいお
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年09月04日
ヨトウムシが羽化

『ぁぃさーん、羽化だお、羽化したお!』


ヨトウムシが羽化

なんだか声が聞こえたような気がしたので見てみると、ここで羽化待ちだったサナギが羽化していました。


ヨトウムシが羽化

ミニトマトの青い実に穴をあけて食べていたヨトウムシは、調べてみたらシロシタヨトウという蛾の幼虫だったようです。念のため幼虫の写真も照合したところ、やはり正解でした。


ヨトウムシが羽化

サナギの抜け殻。例のごとく、ハッチが開くようにスルリと出てきたようです。


ヨトウムシが羽化

ちなみに、謎の赤と黒の毛虫はキャベツを食べながら生存中。…つか、これ確保した記事書いてなかった次第。そこらで多めに発生しているので、この毛虫も羽化させて正体を突き止めようというわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る