2014年06月01日
ベランダ菜園実況 〜ミニトマト・トウガラシ

寒い日が減ってきた昨今、野菜たちの生長も見てわかるくらいに変化してきました。右がミニトマト。左がトウガラシ。


ベランダ菜園実況 〜ミニトマト・トウガラシ

ミニトマトは第1果房と第2果房に実をつけていますが、これは第1果房。大きさは直径2cm弱なので、もうすぐ赤くなってきそうです。


ベランダ菜園実況 〜ミニトマト・トウガラシ

トウガラシもようやく最初の開花。まあ、このあと落花するかもしれませんが。


ベランダ菜園実況 〜ミニトマト・トウガラシ

右はなぜか重複で撮ってしまったトウガラシ。左はホウレンソウ。


ベランダ菜園実況 〜ミニトマト・トウガラシ

ホウレンソウは2ペア目の本葉を出し始めたところです。風に弱いので、根元への土寄せには日々気を使う毎日。やじろべえも無風では安定しますが、風が吹くとぐらんぐらん揺れるわけです。そこで揺れないように根元を土で固める次第。
ふるいにかけた培養土を根元に置いて整地後に霧吹きをし、指で適度に押し固めます。粒子が密になっているほうが乾燥時の固定力が高いです。繊維が互いに絡み合うからだと思います。

去年のホウレンソウは秋蒔きだったので、冬の寒さで生長が止まり、少ない収穫でした。
今年は春蒔きに初チャレンジですが、とう立ち前の収穫という点に注意しなければなりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年06月01日
アリグモのオスがいた

この時期はアリグモが元気です。えさになるアブラムシや蚊や小型のハエが急増する季節でもあり、葉の上をいつも歩きまわっているのであります。
ちなみにこの個体はオス。顔の前に大きな口ばしのようなアゴがあるのがオスです。メスにはこれがありません。


アリグモのオスがいた

歩くたびにアブラムシや蚊と遭遇するでしょう。まさに犬も歩けば状態。
しかも葉の上ばかり歩いています。日光浴をする獲物が多いことを知っているようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2014年06月01日
コクロコガネ参上

玄関の灯りに引き寄せられたのは、コクロコガネ。いわゆるコガネムシです。体長は2cm弱。
非常に大人しい昆虫ですが、木の葉っぱを大量に食べる昆虫でもあります。


コクロコガネ参上

背中に泥がついているようです。水辺からの帰り道かもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2014年06月02日
ベランダ菜園実況 〜レタス・はつか大根・ミックスサラダ

右がレタス、左がラディッシュ(はつか大根)。レタスが急激な生長を見せてるほか、ラディッシュも負けず劣らずどんどん本葉を大きくしています。


ベランダ菜園実況 〜レタス・はつか大根・ミックスサラダ

が、しかし、ここで問題発生。レタスの葉っぱの端が茶色くなり始めました。
症状にもよりますが、調べてみたらチップバーンと呼ばれる生理障害っぽいです。
低温障害、土壌温度上昇による相対的なカルシウム不足などが原因のようです。
今回の場合は後者の可能性が高いのですが、その内容はこんな感じです。
去年のキャベツ栽培もこの鉢でこの場所で行いましたが、日の出から午前中にかけて鉢の側面への日当たりが良すぎるのと、この鉢の色が黒のため、けっこうな熱を持つわけです。去年も気になって対策を取ろうと思いましたが、結局何もしなくても大丈夫だったので時折水をかけるくらいでした。
しかし今回のレタスの場合、鉢の温度上昇つまり土の温度上昇に耐えられなかったので、これは早急な対策が必要です。
ここはベランダなので、日よけを作っても強風で破壊されそうなので、鉢の側面に白い遮光ネットのようなものを巻きつけようと思います。


ベランダ菜園実況 〜レタス・はつか大根・ミックスサラダ

ラディッシュの根元が太り始めました。去年は1か月ほどで収穫したのですが、割れが生じていました。なので、少しだけ早い収穫を想定すると6月10日前後の収穫になりそうです。


ベランダ菜園実況 〜レタス・はつか大根・ミックスサラダ

サラダミックスもすくすく生長。若葉の輝きは見るだけでも楽しいものです。食べますけど。


ベランダ菜園実況 〜レタス・はつか大根・ミックスサラダ

さて、このピンボケ写りの芽。これが今年からの初挑戦になります。マリーゴールドの芽です。
いわゆるコンパニオンプランツというものを始めようと思い、ベランダ菜園のプランターの多くに種を蒔いて発芽中です。だいたい、1つのプランターにつき3〜4本の芽が出るようにしました。
花が咲いてあるポット苗もやすく売っているのですが、野菜が生長中のプランターに大きな植え穴を掘るのもやばそうなので、種を蒔いたわけです。
マリーゴールドにはフレンチ種とアフリカン種があってその効能には諸説ありますが、今回はノーマルなフレンチ種の種を用いました。
コンパニオンプランツというのは、簡単に言うと同じプランターに一緒に植えると病害虫の予防や生長促進の効果が出る植物のことを言います。マリーゴールドのほか、ネギ類やハーブ類などが有名です。
また、野菜同士の組み合わせでも様々な効果があり、味が良くなるといった効果が出る組み合わせもあるようです。
同時に組み合わせの悪い例もあったりしますが、混栽することが少ない家庭菜園の場合は、プラスの効果だけ考えておけばいいので楽です。ただし、培養土を使いまわす際の栽培経歴はちょっと調べておく必要があったりします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年06月02日
発狂するワイルドストロベリー

いやはや、今年のワイルドストロベリーの花の数は異常です。そんな花の季節も終わろうとしており、今度は実が膨らみだしています。


発狂するワイルドストロベリー

そんな中、2個の実が赤くなりました。これから甘酸っぱい香りで満たされるはずですが、あまりにも数が多いので換気しなければならないでしょう。


発狂するワイルドストロベリー

実の数があまりにも多すぎるので、膨らむ勢いがかなりゆっくりです。液肥もあげながら応援していますが、数が数なので基本的な生産パワー自体が追いつかない状況だと思います。
外のワイルドストロベリーも同じような感じなので、気温に関係ない要因が何かありそうです。
つか、ユスラウメもブルーベリーもサクランボもツツジもライラックも救済イチゴも今年はみんな花が咲きすぎです。天変地異レベルなので、気味が悪いですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | ワイルドストロベリー | 更新情報をチェックする
2014年06月02日
ゲジが来た

プランターをちょっと移動したら、ゲジが下に隠れていました。


ゲジが来た

まあ、こんな体ですので、ゲジを好きな人は稀でしょう。じめじめした所が好きで、すばやく歩きます。


ゲジが来た

ゲジはゴキブリハンターの異名を持つ生き物でもあり、そのすばしっこさでゴキブリを捕獲するらしいです。
ムカデにかじられると痛いですが、ゲジは基本的に人間を襲わず、益虫に分類されています。
しかし、その容姿から好まれてはいません。精神的害虫とも言われています。かわいそうw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(9) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る