2015年10月01日
ベランダ菜園実況 その1

秋のベランダ風景東半分。少し前までキャベツをふたつ並べて配置していましたが、葉の巨大化に伴い、そのうちの1個を西半分に移動しました。西半分にあったミニミニプランター2つと入れ替えたわけです。


ベランダ菜園実況 その1

こっちが西半分。ここに巨大キャベツである札幌大球を持ってきましたが、今後の生長具合によってはさらなる対策が必要になるかもしれません。


ベランダ菜園実況 その1

その札幌大球ですが、かなり手前までずらして配置。しかし、すでに3方に余裕がありません。
隙間から土が見える程度の葉の数ですが、1枚あたりの葉の大きさがでかいです。


ベランダ菜園実況 その1

葉の数が少ないので、結球はもう少し先になりそうです。


ベランダ菜園実況 その1

こっちは普通のキャベツ。土が見えないほど葉の数が多くなっており、水やりに苦労する時期になりました。
葉の端から端までの幅は札幌大球より30cmぐらい短いですが、これが普通なわけで札幌大球がおかしいのでありますw


ベランダ菜園実況 その1

葉の数が一定量に達しているので、結球も始まりました。追肥もマイガーデン肥料で実施した次第。


ベランダ菜園実況 その1

ベーターリッチという品種のニンジン。種の袋に葉の丈が普通より短めと書いてありましたが、ほんとうに短いです。風で倒れにくいので管理が楽になりました。


ベランダ菜園実況 その1

根元には変化無し。この品種は"吸いこみ性"が高いらしいので、土の上に根の肩が出にくいそうです。なので、時々掘って根の生長具合を確認しなければなりません。


ベランダ菜園実況 その1

小カブ。すでに強風で株全体が傾いているものや葉が数本折れている箇所があり、例のごとく風に弱い野菜です。害虫発生は今のところ無し。


ベランダ菜園実況 その1

現在直径1cm。収穫時期は5〜6cmになってからなので、まだ先です。
順調にいけば今年は16個の小カブを収穫できそうですが、浅漬けにして食べる予定。素材そのものの味がおいしいので、できるだけ火を通さない食べ方をしたいのであります。
ニンジンのベーターリッチもクセが少なめ甘さ多めの品種なので、今年はスティックサラダでも食べてみたい次第。もちろんカタツムリにもあげる予定。

.....@ノ”<はやくベーターなんとかを食べたいお
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年10月02日
成長競争のアカスジチュウレンジの幼虫

バラの葉っぱを食べて育つアカスジチュウレンジの幼虫ですが、限りある食糧なので早い者勝ちの競争になります。
時々このように鉢合わせになることもありますが、争い合うようなことはありません。


成長競争のアカスジチュウレンジの幼虫

そんなわけで、混雑状況になることを知っているかのごとく、本来はこのように自分のエリアを保ちながら食べ進みます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年10月02日
ベランダ菜園実況 その2

土が余ってたので急遽追加したはつか大根。株間を狭めにしての実験も兼ねてます。


ベランダ菜園実況 その2

上部の葉が込み合っているので、根元の傾きが発生しているものがあります。収穫時までに球体を保てるかが注目どころ。


ベランダ菜園実況 その2

小松菜ですな。風に弱い野菜なので、強風時は置き場所を変える必要があります。


ベランダ菜園実況 その2

4行2列で植えています。


ベランダ菜園実況 その2

アブラナ科は発芽後に倒れやすくなるので土寄せが必須になりますが、今回は実験的に土寄せを一切しませんでした。
やはりしばらくは倒れたりしていましたが、その後よいしょと立ち上がり、根元が曲がったままでも安定性も出てきました。大丈夫っぽいです。


ベランダ菜園実況 その2

これは急遽始めた葉大根。2010年に買った種でしたが、100%に近い発芽率で驚いた次第。
これもアブラナ科なので根元が不安定ですでに倒れ始めています。これも土寄せはしないつもりですが、株が倒れないような何らかの対策は取る予定。


ベランダ菜園実況 その2

ミックスレタスの根元のスペースにも葉大根の種蒔きをして発芽済。先ほどの葉大根と同時期に発芽したのですが、見るからに小さな芽です。
これは、ミックスレタスの根でびっしりの状態の土から発芽したことで、根の張りが悪いのが原因かもしれません。また、その後の生長に必要な肥料分も少なそうなので追肥を実施しました。


ベランダ菜園実況 その2

5年間の眠りから覚めた葉大根。休眠とはすごいですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年10月03日
ベランダ菜園実況 その3

緑の中にどんどん赤が増えていっています。毎年思うのですが、トウガラシは観葉要素もかなり持っている野菜です。


ベランダ菜園実況 その3

赤が細くて尖っているところがおもしろいわけです。


ベランダ菜園実況 その3

大胆な剪定を実施した四季成りイチゴも、その後元気に育っています。


ベランダ菜園実況 その3

時々は秋のイチゴも堪能中。


ベランダ菜園実況 その3

ここで大胆に切り戻した九条太ネギ(右)とサンガイネギ(左)ですが、すでにここまで伸びて時々切って食べています。若い葉になるので、柔らかくてシャキシャキなのであります。
これから寒くなるにつれて甘さも増してきて、年間で一番おいしい季節に入ります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年10月05日
キクの蜜を舐めるツマグロキンバエ

去年の今ごろも同じ花にやってきましたが、今年も同じ花で蜜を舐めています。花は庭のキクです。


キクの蜜を舐めるツマグロキンバエ

前脚で抑えながら先のほうを舐めているようです。このキクはこれから開花のピークなので、まだまだやってくるでしょう。秋はキクぐらいしか咲いていないので、貴重な花なんだと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年10月05日
植替え検討中のオニユリ

土を3分の2ほど入れた深型プランターで咲いていた7本のオニユリも今年は終わり。
土の表面に球根が見えています。


植替え検討中のオニユリ

このプランターのまま来年も咲かせるには、土を追加しなければなりません。それを想定して初期の土の量を少なめにしておいたわけですが、プランターで育てること自体一時的なものと考えていたので7本を植えていたのであります。
今年開花を迎え、花同士の間隔が狭いなと感じていました。来年はさらに狭さを感じると思われ、いよいよ植え替えを検討し始めた次第。

この大きさのプランターだと3本が限度でしょう。残る4本は別の場所に植替えとなりますが、現在その場所を模索中。いずれにしろ、球根を掘り起こしての植え替えは今が時期なので、早急に実施しなければなりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | オニユリ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る