2016年07月01日
いろんな発芽の野原風花壇

花の混合種をバラ蒔きした野原風花壇ですが、いろんな芽が出てきています。
コガネムシ、ウスカワマイマイ、ナメクジ、ワラジムシなど、すでに葉や根を食べられる被害も出ています。
特に苗を移植したルピナスは葉も根もかなり食べられており、1苗は消滅、さらに1苗は瀕死の状態となっています。
食害に対する措置は何も考えておらず、なるようになっての野原風だと考えるようにしています。
タグ:野原風 花壇
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2016年07月01日
ベランダでカゲロウが羽化

前にここでベランダのカゲロウのことを書きましたが、ネギの枯葉にカゲロウの羽化に伴う抜け殻が付いてました。


ベランダでカゲロウが羽化

2本の長い尾が見えます。亜成虫から成虫になる時のカゲロウの抜け殻です。


ベランダでカゲロウが羽化

すぐそばにいたカゲロウ。体つきが亜成虫っぽいです。


ベランダでカゲロウが羽化

さらに黒っぽいカゲロウもいました。これも亜成虫っぽいです。
今の時期はカゲロウの羽化の時期と思われ、あちらこちらで水中から亜成虫が誕生していると思われます。
飛び立った亜成虫は別の場所に降り立ち、そこでもう一度脱皮をして正式な成虫となるわけですが、今回その場所がベランダだったということになります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年07月01日
そろそろウリハムシモドキの季節

今年もウリハムシモドキが姿を見せ始めました。間もなく例年通りの大発生になるでしょう。


そろそろウリハムシモドキの季節

赤紫蘇でも福寿草でも何でもかんでも食べつくすので、駆除対象になるほど被害が大きいです。オニユリの葉も食べていました。


そろそろウリハムシモドキの季節

人を見ると逃げ足が速かったりポロリと落ちたりしますが、普段は変に落ち着きのある虫です。触角を大きく広げ、いつも周囲を気にしています。
メスは匂いホルモンを放ち、オスはその気配を探しているのかもしれません。短期間に大発生する目的は交尾ただ一つなので、常に神経がそっちに行っているのかも。


そろそろウリハムシモドキの季節

いやはや、福寿草の茎もかじるので、まだ残っている葉も枯れていくわけです。福寿草には毎年ウリハムシモドキが来ます。たぶんおいしいんでしょうな。


そろそろウリハムシモドキの季節

『福寿草はうめぇーんだゴルァ!』
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年07月02日
クロスジアオナミシャク現る

体長が1cmもない小さな蛾でしたが、色が緑なので撮っておいた次第。


クロスジアオナミシャク現る

頭部を真上から見たところ。岩場のコケと似ています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年07月02日
ヒメカメノコテントウの幼虫か?

テントウムシの幼虫も小さいころは間違いやすいのですが、たぶんヒメカメノコテントウの幼虫だと思います。
テントウムシの幼虫のかわいいところは、ふ節感の無い脚先。ふ節の有無は不明ですが、まるで6本のつえをつきながら歩いているようなスタイルがいいわけです。
アブラムシをいっぱい食べてくれよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年07月02日
夜の8時過ぎ、ベランダでコツンという大きな音がしました。こりゃカブトムシでもやってきたかなとライト片手にベランダに出てみると、そこにはオオゾウムシが1匹いたのでありました。
飼育中のオオゾウムシの友だちを見つけなければと思っていましたが、まさか向こうからやってきてくれるとは思わなかった次第。


オオゾウムシが結婚

そんなわけで、飼育ケースを一新。大きさは同じですが、中身を変えました。
前は木炭チップを混ぜた砂を敷いていましたが、今回は活性炭を混ぜた砂利を敷きました。砂利はカタツムリに使っているものです。また、木炭は半埋め込みにしました。


オオゾウムシが結婚

上が前から飼育中の個体、下が今回舞い込んだ個体。今回舞い込んだ個体のほうが少しだけ大きく、色も薄いです。


オオゾウムシが結婚

やっと友だちができたオオゾウムシ。相変わらず死んだふりで動きませんw


オオゾウムシが結婚

新参は活発に歩き回ります。

この個体が今まで飼っていた個体の前を通りすぎた時、予想外の出来事が起こりました。
それまで死んだふりをしてピクリともしなかった個体が、目の前を通った新参の個体にビクッと反応し、即座に上から圧し掛かりました。


オオゾウムシが結婚

なんと、交尾です。上が今まで飼っていた個体、下が新参の個体。状況を観察しましたが、交尾は間違いなく成立しているようです。
このことから、今まで飼っていた個体が実はオスであったことを初めて知りました。同時に新参はメスということになります。


オオゾウムシが結婚

オスとメスの組み合わせになったこと、そして交尾できるほど相性も良かったこと、この2匹は非常に強運です。
オスも今までよく生きていてくれたし、メスもよくぞベランダに来てくれました。これ以上のことはありません。


オオゾウムシが結婚

以上、ウチのゾウちゃんの電撃結婚のご報告でした。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | オオゾウムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る