2016年12月01日
キャベツの収穫

10月下旬に収穫するスケジュールでしたが、生長が悪くて収穫を遅らせていたキャベツ。
しかしながら、氷点下の夜が続く季節となり、これ以上待っていられない状況になったので、収穫することにぁぃなった次第。


キャベツの収穫

形だけはキャベツらしくなりました。


キャベツの収穫

大きさは18cm。通常は20cmぐらいになるのですが、やはり少し小さめでした。

大雨で全数裂果が発生して終了したミニトマト、突風で支柱が真っ二つに折れたキュウリとつるありモロッコインゲン、台風で葉が吹っ飛んで腐敗したハクサイ、同じく葉が吹っ飛んで生長不良となったキャベツ、今年のベランダ菜園は自然災害に悩まされました。
今回のキャベツの収穫で今年のベランダ菜園はこれにて終了。四季なりイチゴとネギ類は越冬に入ります。

キャベツをはじめとする野菜の価格が高騰中ですが、例年なら産直に行けばいつもの価格で売っていました。しかし、今年は地元の野菜も不良のようで、産直でも小さいキャベツが1個200円以上しています。やはり、ウチだけでなくて農家の方の畑も自然災害でダメージがあったようです。
つか、12月ですな。早い早い( ´△`)

■追記
収穫したキャベツをさっき生で食べてみましたが、だめだwww
今までは水分を多く含んでショリショリして最高だったのですが、今回はPAKIPAKIを通り過ぎてBAKIBAKIしており、水分もやや少なめでした。こうなると生食よりは火を通したほうがいいので、みそ汁の具にしようと思いますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年12月03日
キャベツを食べるカタツムリ

ベランダ菜園で収穫した完全無農薬のキャベツの葉を、例のごとくカタツムリ全員にあげました。
これは筋あり4兄弟ですが、葉の裏側から食べ始めました。


キャベツを食べるカタツムリ

食ってますな(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年12月04日
妙丹柿の種を追加

妙丹柿の発芽計画をここで始動しましたが、新たに3個の種が手に入ったのでこれも仲間入り。
平べったくて実が入っているかいないか怪しい種ですが、とりあえず室温で水を吸わせてみます。
妙丹柿の発芽についてはネット上にも情報が見当たらない事象であり、自身も初めてやる実験でもあるのですが、結実までを想定したマジな発芽計画はこれが初めてのことであり、その思いは尋常ではないのであります。
まあ、失敗すると思いますがw
タグ:妙丹柿 種子
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 妙丹柿 | 更新情報をチェックする
2016年12月06日
ユスラウメの剪定

「今年最後の剪定」=「春はこの樹形に花が咲く」ということです。
内向きの小枝を落としたり、込み合った箇所の小枝を落としたり、外輪郭を抑えたり、いろいろやりました。
まあ、花芽も少なからず落としたと思いますが、まだまだ樹形整備は続くのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
2016年12月07日
妙丹柿の種が発根!

ここで水に浸けておいた妙丹柿の種が、2個とも8日後に発根しました。
妙丹柿は渋柿なので、市場に出る際は人工的な何らかの方法で渋抜きをされているはずですが、それが二酸化炭素であれアルコールであれ、種には影響が無かったということになります。


妙丹柿の種が発根!

発芽の意思を確認できたので、さっそく鉢に蒔きたいと思います。
外は氷点下の夜の毎日ですが、蒔いた鉢は室内に置いて春の環境で育苗する予定。
もしかしたら何十年の付き合いになるかもしれない妙丹柿。そのスタートが今始まったのであります。
妙丹柿のカテゴリーを追加した次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 妙丹柿 | 更新情報をチェックする
2016年12月08日
妙丹柿の種蒔き

発根していた妙丹柿の種2個を蒔きました。右が八戸産、左が地元産です。
柿の種の発芽までの様子は少しおもしろく、富有柿の時は以下の順で進みました。
1.待っても待っても変化が無い
2.土が盛り上がり始める
3.薄緑の茎と種が少し見える
4.待っても待っても変化が無い
5.薄緑の茎と種の急上昇が始まる
6.逆U字型の芽が一気に地上に出現
7.双葉を開きながら逆U字型の芽がI字型になる

つまり、定速で進行するのではなく、途中に停滞期があります。
1と4の停滞期では、恐らくひたすら根を伸ばしているような気がします。
1は水分補給路確保と定着のため、4は地上に出る直前の定着のためかもしれません。

柿はヒマワリのように発根直後から直下に太い根を急速に伸ばすので、今回はやや深めの4号鉢に蒔いた次第。室内置きなので、何も無ければこのまま発芽へと向かうでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 妙丹柿 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る