2017年01月01日
あけおめな次第
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(16) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年01月04日
ミノウスバのマユ

去年ミノウスバを発見した野原風花壇に隣接する壁に、クモの巣の塊のようなものを発見。


ミノウスバのマユ

ミノウスバのマユですな。
このマユはこのままの状態で次の秋を待ち、その秋に羽化します。羽化した成虫は秋のうちに交尾と産卵をし、その卵は春に孵化します。孵化した幼虫は春から晩夏にかけて葉っぱを食べて大きくなり、秋にマユを作って越冬します。
つまり、このマユは1世代前の親が産んだ卵と同じ時代に存在しており、変態のすべての行程において
2〜3形態の状態で存在することになります。
これは、卵から成虫までの寿命が2年であることに由来し、異世代のサイクルが1年分重なることで異形態の同居になってしまうということになります。

ミノウスバからすれば、葉っぱを食べることができるうちはできるだけ食べたいので秋までひたすら食べ続けるのですが、次の世代にも春から食べさせるには羽化して交尾して産卵する時間が無いということになり、次の世代にも春から食べさせるように秋に産卵して秋に羽化するにはそれまでマユの中で休憩というようにすればOKということになります。ちょっと複雑ですなw

寿命が1年単位の生き物の多くは卵の状態で越冬しますが、寿命が長い生き物は4つの季節を1サイクルとして適期に産卵or出産をします。それでも暖かくて食べ物がたくさんある季節に子どもの成長期が重なるようになることが多いです。
しかし、ミノウスバのように2年単位の寿命になると先述のようにどこかで調整しなければならず、それが「1年間マユ」という奇妙なサイクルを生んでいます。
2形態でサイクルを進めることは、種族繁栄という意味では保険の役割も持っていることになり、そのために2年寿命になったのだとすれば、これはこれでとんでもない進化かもしれないと思うのであります。

だいたいの生き物には本能的発情期というものがあり、それで一定のサイクルが成立しているわけですが、ヒトは年中発情期かつ早熟進行化によってその個体数を爆発的に増やしています。
しかし、頭脳が進化しすぎたせいで繁殖そのものに興味を示さなくなってきている現象もあり、国レベルでは日本のように人口が減ってきているところもあります。
ミノウスバの2世代同居に感心しているヒトも長寿命化で3世代4世代が同居しているわけですが、各世代の個体数が少なかったり途切れたりすると全体の個体数が減っていきます。つか、世間を語る前に自己を考えろというわけですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ミノウスバ | 更新情報をチェックする
2017年01月06日
背水の陣の妙丹柿

発根済みの妙丹柿の種5個を土に蒔いておきましたが、その中の1個だけが発芽しました。
他の種を掘ってみたところ、種と根の境目が黒くなって壊死していた状況。
そんなわけで、まさに背水の陣となった妙丹柿栽培ですが、この1苗が何とか順調に育つことを祈るばかりです。


背水の陣の妙丹柿

発芽したのは、あとから蒔いた地元産の妙丹柿。種の殻をうまくすり抜けて葉を広げるところまでいけば、第一段階はクリアとなります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 妙丹柿 | 更新情報をチェックする
2017年01月11日
満身創痍で発芽した妙丹柿

葉がかなり傷んでいますが、なんとか発芽しました。
前回の状態から動きがピタッと止まって様子を見ていたのですが、数日後に種の殻と葉が癒着しているのを発見し、急きょ外科手術を実施した次第。


満身創痍で発芽した妙丹柿

妙丹柿自身が殻から葉を出そうとかなり踏ん張ったので、種の殻との境界線上に少し傷があります(上部両側)。
また、殻の中にしばらく留まっていた部分は、腐敗が始まっていたので発芽した後も葉の端は死んでいます。
いずれにしても、葉が癒着したまま放置していたら、腐敗が広がってそのまま死んでしまっていたと思われます。


満身創痍で発芽した妙丹柿

次の葉が伸びてきているので、この葉に賭けます。


満身創痍で発芽した妙丹柿

実は、もう1個の芽があるのですが、植物状態というか植物なわけですが、根の無い状態の絶対安静維持の妙丹柿の芽です。
葉が緑色をしているのでまだかすかな希望がありますが、90%以上の確率で枯れると思います。
しかしながら、奇跡的に出た根が葉を伸ばす養分を吸い始めた場合、もしかしたらよみがえるかもしれない可能性が10%ぐらいはあるかもしれません。
現在の措置としては、薄めの液肥を根元にあげて養分摂取を促しながらも乾燥を防止している状態。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 妙丹柿 | 更新情報をチェックする
2017年01月12日
カブ幼虫に霧吹き実施

厳しい寒さになっていますが、カブ幼虫は暖房の無い部屋で半冬眠状態でいます。ここの気温は現在10℃ちょっと。
画像は、霧吹き実施のために飼育ビンを箱から出したところ。


カブ幼虫に霧吹き実施

6匹全員の生存を確認。今後も半年近く続く飼育ビンへの霧吹き。これもまた飼育なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
2017年01月13日
久々レタスのカタツムリ その1

最近またサツマイモが続いていたので、レタスのバキバキした外葉をあげて緑を摂らせるようにしました。
これは筋あり4兄弟。


久々レタスのカタツムリ その1

同じく筋あり4兄弟。2匹は元気、もう2匹は眠たそうです。


久々レタスのカタツムリ その1

筋無し4兄弟も眠そうにしていました。


久々レタスのカタツムリ その1

同じく筋無し4兄弟。他の3匹は起きてます。


久々レタスのカタツムリ その1

老夫婦&2母組。ふたの裏を散歩しているのは、2母の片割れ。


久々レタスのカタツムリ その1

老夫婦の片割れも壁面で休んでいました。
簡易掃除をして霧吹きをしたので、そのうち降りて食べ始めるでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る