2017年05月18日
ズタズタのワイルドストロベリー

強風だなんだとよく書いているわけですが、ここで移植したワイルドストロベリーもこんなにズタズタになるほど強風なわけです。ただの強い風を超えた破壊的な風なのであります。


ズタズタのワイルドストロベリー

それでも意地で花が咲きます。まさにワイルドなストロベリーな次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ワイルドストロベリー | 更新情報をチェックする
2017年05月18日
ナス定植

暖かな気候の中で定植したくてポット苗の状態で待っていましたが、もう待てないということで定植した次第。本当はまだまだ夜は寒いのですが、苗の下葉も黄変し始めていましたし、根も回っているだろうということで強行したわけです。
右が長ナスの「筑陽」、左が中長ナスの「とげなし千両二号」。


ナス定植

コンパニオンプランツとして、どちらも根元にスイートバジルを植えてみました。スイートバジルは窓際で育苗していたもので、移植時に2段目で摘心しています。


ナス定植

黒マルチ実施。とにかく今は地温を上げなければならないので、黒のゴミ袋を使った次第。かなり綿密に計測して切ったので、びしっとはまりました。これで土の急激な乾燥も防げます。
暑くなってきたら、この上にワラなどを乗せるかもしれません。


ナス定植

右の「筑陽」は、最初の花が咲き終わった状態。左の「とげなし千両二号」は、小さなつぼみが出てきている状態。


ナス定植

ただでさえ風に弱いナスをベランダでやるわけで、苗を支柱に固定するとともに簡易的な風除けも設置。
防寒の役目は果たせそうにありませんが、左右方向(東西方向)からの風はかなり防いでくれるでしょう。


ナス定植

支柱はベランダの手すりにテンションをかけて固定。トマトの支柱も毎年同様にしています。

ナスもトマトも暑さにはめっぽう強い猛暑大好き植物ですが、寒さにはかなり弱いです。
また、ナスは乾燥に弱い水切れ厳禁野菜ですが、トマトは逆に乾燥気味に育てる野菜です。
どちらもナス科ですが、この似て非なる野菜を同時進行でやってみる点が今季の大きなポイント。トマトにもマルチを実施する予定ですが、同じマルチでもその役割が違うわけで、思考回路がうまく機能するのかの実験でもあります。
また、ナスの枝を垂直に伸ばすのも、もはやバクチ。強風で実がこすれて傷がついてしまうかもしれません。
いろいろと緊張箇所が増えた今季のベランダ栽培、去年のキュウリのように支柱倒壊という悲惨なことにならなければいいのですがw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る