2017年08月11日
四国の国立5大学で公開される e-Learning の科目「昆虫と環境」で、オオカマキリの交尾の画像が使用されることになりました。

使用される画像は以下の通り。
 http://aiaicamera.up.n.seesaa.net/aiaicamera/image/IMG_0122-1.jpg
 http://aiaicamera.up.n.seesaa.net/aiaicamera/image/IMG_1593-1.jpg
 http://aiaicamera.up.n.seesaa.net/aiaicamera/image/IMG_1637-1.jpg
 http://aiaicamera.up.n.seesaa.net/aiaicamera/image/kama-004.jpg
 http://aiaicamera.up.n.seesaa.net/aiaicamera/image/IMG_0342_1.jpg

詳細は以下の通り。
・大学連携 e-Learning 教育支援センター四国
 愛媛大学分室が制作している科目「昆虫と環境」で使用。
・「昆虫と環境」は四国国立5大学(香川大学・徳島大学・鳴門教育大学・愛媛大学・高知大学)
 にて、2018年度の後学期から e-Learning 科目として開講される。
・担当教員
 愛媛大学農学部環境昆虫学研究室 教授 小西 和彦
 愛媛大学農学部環境昆虫学研究室 准教授 吉冨 博之

今まで子ども向け書籍やクイズ番組での使用はありましたが、5つの国立大学での教材使用ということで、大変恐れ多い次第。
これからも生き物の写真撮影や飼育を楽しみながらやっていきたいと思うわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | 【メディア掲載履歴】 | 更新情報をチェックする
2017年08月11日
ユスラウメに巨大なフンを発見

ユスラウメの仕切りブロックの上に、大きなフンを発見!
この形状、この大きさ。過去の事例から考えると、大型のスズメガの幼虫のものと思われます。
昨日はまだ無かったので、昨晩から発見時の間に出現したもの。


ユスラウメに巨大なフンを発見

葉の下には十数個のフンがころがっており、どれも新鮮です。
霧雨の中を傘を差して犯人を30分以上も探しましたが、とうとう見つからず。
スズメガの幼虫は隠れるのがうまいので、葉で込み入ったユスラウメの枝間を探すのはかなりの重労働。
明日にまた探すことにした次第。


ユスラウメに巨大なフンを発見

ややっ!さっきより小さくて色の違う中型のフンも発見!50cmくらい離れた場所です。ということは、中型の幼虫もいるかもしれません。
大食漢のスズメガの幼虫が2匹もいるとなると、さすがのユスラウメも弱ってしまうかも。これは何としてでも犯人を確保しなければならない次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る