2017年10月01日
サナギの越冬態勢完成

スズメガなどのサナギの越冬態勢についてあれこれ模索中でしたが、ようやく完成した次第。


サナギの越冬態勢完成

生花用の吸水スポンジに計量カップでくぼみを作り、水を吸わせてパックご飯の容器の中に入れました。
容器の中に定期的に水を足しながら湿度を保つ想定。
このスポンジは吸水性能がとんでもなく高いので、足す水の量には注意しなければなりません。
完全吸水後、容器に水が無い状態から足す水の量は、ペットボトルのキャップ1杯程度。水をやりすぎるとスポンジの上面までひたひたになってしまいます。


サナギの越冬態勢完成

左が8/23に蛹化したモモスズメ、右が9/26に蛹化したクルマスズメ。
今日初めて気づいたのですが、右のクルマスズメの右の翅の先端に欠損が見られます。蛹化後の時点でここだけ緑色だったのですが体液漏れなどは無かったので、幼虫時代のサナギ形成時にミスった可能性があります。
片方の翅が短い成虫が羽化してくるかもしれません。


サナギの越冬態勢完成

左が9/19に蛹化したヨモギエダシャク、右が8/30に蛹化したまっくろくろすけのような毛虫。
この二つのサナギは近いうちに羽化してくる可能性もありますが、何とも言えないので念のため越冬態勢をとっています。


サナギの越冬態勢完成

先日書いた寄生されたモモスズメの幼虫も、9/29にサナギになりました。
2〜3週間もすれば寄生主(ヤドリバエ)を確認できると思います。


サナギの越冬態勢完成

寄生されたモモスズメは、残念ながら隔離状態での管理。寄生主が隙間から逃げないようにラップもしておきました。

最初は土の中に入れての管理や赤玉土とピートモスを使用した方法も考えていましたが、とりあえず今回はこれでいきます。あとは寄生されているかどうかですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(9) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2017年10月02日
ニンジンの収穫

ニンジンの収穫期の目安は、葉が枯れ始めたころ、または種蒔きから110日後。
110日以上経過しているので、ここで収穫することにした次第。


ニンジンの収穫

少し掘ってみたら、いいかんじでした。


ニンジンの収穫

まともなやつ16本。ベーターリッチはもう少し寸胴型なのですが、変に三角形になっています。
収穫期が遅れたせいかもしれません。


ニンジンの収穫

今年はかなり葉を食べる虫がついたので、やや栄養障害が出てるかも。


ニンジンの収穫

変なやつ3本。右と中は食べられますが、左は激割れで維管束がむき出しになって木質化しているので、これはカタツムリ用にします。
つか、6行3列の18本のはずですが、19本の収穫となりました。間引きではちゃんと18本残したので、あとからふっと発芽した芽があったようです。

今年のニンジンはかなり虫に食われ、収穫中も数匹の幼虫が下に落ちてました。
また、掘り出した土の中にも1匹のヨトウムシを発見し、少なからず影響を与えていたかもしれません。
今年はベランダ菜園始まって以来の幼虫大発生の年になっていますが、もしかしたら今年初めてやったナス栽培が原因かも。ナスが虫を呼んだということです。仮定ですが。
実際、ナスは虫の種類数や発生数において最大であったわけで、今もアブラムシが大量にくっついています。
焼そばの香りで屋台の場所を探し当てるように、ナスの香りでいろんな蛾が卵を産みにやってきたかもしれません。

ナスはねー・・・。トゲが刺さって痛いし、ヒモでの誘引が大変だし、枝の見分けが面倒だし、風で葉っぱが傷みやすいし、水食い野菜だし、とにかく大変です。来年はやりたくありません。
ただ、ハイ労働ですがハイリターン型なので、収穫数はかなりになります。調理方法も多い野菜なので、なんだかんだ役に立っているのも事実。
これから秋ナスの季節になりますが、すでに新しい枝を出しつつ十数個の花をつけており、今後もかなりの収穫となりそう。
ただやっぱり虫がなー・・・。悩むところなのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年10月03日
たまにはサラダ菜カタツムリ

たまには緑色の野菜をというわけで、サラダ菜も追加であげました。
これは筋あり4兄弟。


たまにはサラダ菜カタツムリ

久々の葉っぱなので、喜んでいますw


たまにはサラダ菜カタツムリ

筋無し4兄弟も久々の葉っぱです。


たまにはサラダ菜カタツムリ

カメラにもすっかり慣れています。


たまにはサラダ菜カタツムリ

ひとりになった2母の片割れは一時食欲が落ちましたが、サラダ菜には興味があるようです。


たまにはサラダ菜カタツムリ

いいかんじです。


たまにはサラダ菜カタツムリ

純筋あり4兄弟は若いので、食欲もかなりあります。


たまにはサラダ菜カタツムリ

警戒心ゼロw


たまにはサラダ菜カタツムリ

純筋無し4兄弟は、相変わらずじゃれるのが好きです。


たまにはサラダ菜カタツムリ

夢中ですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(7) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年10月04日
ナスにアブラムシ発生

勢いづいているナスですが、アブラムシもまた勢いづいてきました。
しかし、その奥にも勢いづいているものがいるようです。


ナスにアブラムシ発生

どこからともなくやってきて待機中のナミテントウ。すでに食べ始めているかもしれません。
ベランダのような特別な環境では捕食者の出現はけっこう難しいのですが、こうして来てくれると本当にありがたい次第。喜んで住居兼食堂を提供したいわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年10月05日
イチゴの孫株順調

四季成りイチゴの孫株も根付きが始まり、順調に推移している次第。


イチゴの孫株順調

予備も含めて6個の孫株を用意しています。


イチゴの孫株順調

しっかり根付いたら、プランターに植え替える予定。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年10月06日
窓際族のレモン

葉が少し弱々しくなっていたので、いまだに窓際に設置中。
もう少し寒くなったら摘心をし、車庫の中で冬を過ごして、来年の春に脇芽を出させる想定。
実の収穫は当初から想定しておらず、あくまでも濃緑の観葉植物として育てるわけです。
タグ:実生 レモン
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | レモン | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る