2017年10月20日
片脚のヤブキリ

気温が下がってくると、昆虫たちはこぞって日光浴をしたがります。普段は隠れていても、晴れた日中は見える所に出てくるわけです。
ヤブキリは肉食性。前脚のトゲで獲物をがっちり挟みます。幼虫の頃は花びらや花粉などを食べています。


片脚のヤブキリ

産卵管があるのでメスのヤブキリですな。右側の後ろ脚を欠損しているようです。


片脚のヤブキリ

背中の茶色がやや薄いヤブキリです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年10月21日
オニャノコマイマイ発見 @ノ”

室内を見慣れないカタツムリが這っているのを発見。


オニャノコマイマイ発見 @ノ”

おお!オニャノコマイマイではありませんか!


オニャノコマイマイ発見 @ノ”

(*゚∀゚)=3


オニャノコマイマイ発見

恥ずかしがって引っ込んじゃいましたw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年10月22日
オオモンシロチョウの幼虫を確保

お!玄関前でオオモンシロチョウの幼虫を発見!
去年も今ごろの季節に発見したのですが、恐らくサナギになる場所を探している最中です。体長は3cmちょっと。


オオモンシロチョウの幼虫を確保

モンシロチョウの幼虫はいわゆるアオムシですが、オオモンシロチョウの幼虫は少し毛虫っぽいです。


オオモンシロチョウの幼虫を確保

家の鉢なんかでサナギになられても鉢を移動したりするので、とりあえず絶対安定環境を提供。
サナギになろうとしている幼虫なので何も食べないと思いますが、念のためキャベツを投入。


オオモンシロチョウの幼虫を確保

去年は寄生されていて羽化に至りませんでしたが、今回もどうなるかわかりません。
何はともあれ、来年の春までサナギの管理となりそうです。

■追伸
もう一匹確保して合計2匹になった次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年10月23日
ヤドリバエのサナギも越冬か?

スズメガなどのサナギは越冬するのは間違いないのですが・・・


ヤドリバエのサナギも越冬か?

ヤドリバエの成虫が出てきません。もしかして越冬するつもりなのでしょうか。
出てきたらオオカマキリに食べさせる予定なのですがw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年10月23日
ハエがヒメバチを捕食?

ハエが何かを捕食しています。肉食系のハエとかでしょうか。それともアブなんでしょうか。


ハエがヒメバチを捕食?

黒いヒメバチのような昆虫を食べています。漏れた体液を舐めているのか針を刺して体液を吸っているのかは不明。
このハエらしき昆虫は、前脚にはトゲは見当たりません。肉食系であれば獲物をつかむためのトゲがあることが多いのですが、肉食系ではないのでしょうか。
産卵前だけ動物性たんぱく質を欲しがる生き物もいたりしますが、そういう例なのでしょうか。
よくわかりませんが、とりあえずアップ。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年10月23日
オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

確保中のオオモンシロチョウの幼虫は、2匹ともふたの裏でサナギになっています。


オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

ふたをひっくり返して撮っているので、支えの糸がゆるんでいます。


オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

こっちも同様w


オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

同じく、確保中のスジグロシロチョウの幼虫も、2匹ともふたの裏でサナギになっています。



オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

サナギは神秘。


オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

サナギはロマン。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る