2018年07月01日
キャベツのナガメが孵化

ベランダのキャベツの葉の裏についているナガメをしばらく観察していましたが、1匹孵化していました。
白っぽく見えるのが、孵化した卵の殻だと思います。


キャベツのナガメが孵化

たった3個の卵でしたが、残りの2個も赤く見えます。これらも孵化するでしょう。


キャベツのナガメが孵化

これはつがいの亡骸です。2匹とも卵のことが気になっていたはずなので、卵のそばの土の上に置いていました。
これで安心して成仏できそうです。

孵化したナガメの赤ちゃんですが、このまま様子を見ます。
まあ、キャベツは食べられるでしょうが、それも含めて観察していきたい次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
2018年07月02日
いろいろ収穫

レタスもそろそろ収穫かなと思って見てみたら、なんか様子が変です。


いろいろ収穫

裂球!こりゃやばいw


いろいろ収穫

そんなわけで、急遽収穫。土の水分の急増が原因か、収穫時期の遅れが裂球の原因っぽいです。


いろいろ収穫

収穫後。


いろいろ収穫

ミックスレタスも、そろそろ収穫しておきましょう。


いろいろ収穫

かなりの量があります。


いろいろ収穫

新鮮野菜は栄養価も高いです。


いろいろ収穫

ニンジンに土寄せを実施。本葉も2枚ぐらい出てきています。


いろいろ収穫

どんどん赤くなる四季なりイチゴ。今がピークです。


いろいろ収穫

今回も大量収穫。おもしろいのは、1個1個味が違うこと。このあたりはミニトマトと同じです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
2018年07月03日
スナップエンドウ初収穫

ついにネット最上部に達したスナップエンドウですが、実のほうも大きくなりました。


スナップエンドウ初収穫

いいかんじなので収穫します。


スナップエンドウ初収穫

本日の収穫。軽く茹でて食べましたが、鮮度と甘さは比例します。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
2018年07月04日
モモスズメが羽化!

おお!羽化だ、羽化!しかも桃色。ついにあの子が羽化しました。


モモスズメが羽化!

モモスズメ、無事に羽化。


モモスズメが羽化!

なんという桃色。美しすぎ。


モモスズメが羽化!

幼虫時代から数えると、11か月ぶりのふれあい。久しぶりー(^O^)


モモスズメが羽化!

なんといいますか、数ある蛾の中でも異常にかわいいです。


モモスズメが羽化!

触角の構造が少しわかります。ホースを縦に切った半円形の筒のような外殻の内面に、らせん状のものがずーっと続いている感じ。


モモスズメが羽化!

野原風花壇に放すことにしました。


モモスズメが羽化!

オニユリの葉の上に乗せました。


モモスズメが羽化!

やばいわ、普通に惚れるw

暗くなるころに、どこかに飛んでいくでしょう。
ユスラウメの葉で発見したモモスズメの幼虫でしたが、またいつか会ってみたいと思う次第。
ウチのユスラウメに産卵しに来ていいよー(^O^)/

抜け殻のサナギの殻については、追って記事にします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(8) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2018年07月05日
モモスズメのサナギの抜け殻

羽化したモモスズメのサナギは上のやつです。


モモスズメのサナギの抜け殻

11か月もこの中にいたわけです。


モモスズメのサナギの抜け殻

モモスズメのサナギの抜け殻

モモスズメのサナギの抜け殻

モモスズメのサナギの抜け殻

モモスズメのサナギの抜け殻

黄色い液体は胎水みたいなもの。羽化後も殻の中に少したまったままです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2018年07月07日
四季なりイチゴも食べ納め

今年もたくさんの花を咲かせ、たくさんの実を提供してくれた四季なりイチゴも、今回か次くらいで最後の収穫です。
咲いた花のうち、実になるものはほとんど実になり終えています。


四季なりイチゴも食べ納め

メルヘンでもファンタジーでもなく、実をいっぱいつけた四季なりイチゴは、いつも笑っていました。
うぬぼれでも勘違いでもなく、瀕死の状態だった1本の株の分身たちが伝える歓喜と感謝なのだと思っています。
じゃないと、こんなにたくさんの実をつけるはずがありません。

実を摘み取るときはありがとうと言い、葉をなでてやります。
そして秋には子株で株を入れ替え、また次の年へと分身の命をつなげます。
魂を発するものがたとえ植物であっても、それに応えてやると植物もまた笑い続けます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る