2008年12月03日
小さな命と大きな太陽

夜は氷点下になる冬の中、秋のこぼれ種からコスモスが発芽してました。
葉の先をよく見ると、小さなハエが止まっています。
寒さに震えるふたつの小さな命は、暖かい大きな太陽の光を静かに浴びていました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
右上部のクローズアップ写真がとても気に入りました。
集合写真の時に欠席した人が写るアレです。
これが他の昆虫だったらダメです。ハエだからこそツボ。
まさか彼もこんなところでトリミングされてるとは思わないでしょう。
(*´д`)ハーッ理解しがたい自分基準でスマソw とにかくお気に入りw
Posted by Yummy at 2008年12月04日 00:23
>Yummyさん
じつはこれ、撮影時はいたのに気づいてないんですよ。マクロだとよくあることです。
PCの大きな画面で見て、何かいるということで拡大。
欠席者が主人公になったいい例ですなw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年12月04日 22:50
うわっ、おもしろい話を聞きましたw 後から気付かれたのですか!
確かにファインダー通してだと、ゴマ粒か鼻ク○みたいですもんね。
それを聞いて、ますますムズムズしてきました(´Д`;)ハァハァ
てか、私の言うことがわけわからずにムズムズしますってw?
Posted by Yummy at 2008年12月04日 23:52
>Yummyさん
以前にカエルを撮ったときにも、1匹だと思ったら背後にもう1匹いたことがありました。
意外と気づかないもんですねw
あと、鼻ク○とか言わないで、枯葉の欠片とか言いなさい言え言いやがれ(^O^)/
Posted by ぁぃ♂ at 2008年12月05日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る