2009年07月05日
スズメの子育ての季節

近所の小屋の軒下から、鳥のヒナの鳴き声が聞こえています。
フンの跡もあるので、ここに巣を構えた鳥がいるようです。


スズメの子育ての季節

そんなところへスズメ登場。
一度は巣に入ろうとしましたが、カメラを持った人間に気づき、近くの電線で待機しています。
待機中はずっと「ヂヂッヂヂッ」と警戒の鳴き声を発し、それを聞いたヒナは鳴くのをピタリとやめました。
口に何かの幼虫のようなものをくわえているようなので、強引に強調表示をしてみます。


スズメの子育ての季節

ここのブログでは見慣れた例の幼虫です。
オレンジ色、黒、背中の黄色、そして一番の特徴である黄色い頭に八の字の黒紋。
マイマイガの3齢以上の幼虫です。

お腹をすかしたヒナのために、どこからか捕まえてきたのでしょう。
と言っても、大繁殖中なのでどこにでもいますが。
早くヒナに食べさせたいはずなので、ここで現場を立ち去りました。
マイマイガの幼虫なら、お腹いっぱい食べることができそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(3) | 野鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雛にはずいぶんなボリュームのえさだなぁw

早く、大きく育ちますよーに(^-^)
Posted by ぐわ氏 at 2009年07月05日 01:49
マィマィガっておいしいのだろうか。毛は関係ないのだろうか。
何が一番おいしいのかスズメに聞いてみたいw ミミズに一票w 
Posted by Yummy at 2009年07月05日 17:27
>ぐわ氏さん
3齢1匹でお腹いっぱい、しかも3齢ならうじゃうじゃいるので親鳥も効率良さそうでワラタw

>Yummyさん
毛アリよりはミミズのほうがかなりおいしそうですな。毛はのどにつまりそうw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年07月06日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る