2010年01月11日
冬眠中のカタツムリ

現在冬眠中のカタツムリですが、11匹全部がふたの裏にくっついて膜を張っています。
厳しい周辺環境要因の無い飼育ケース内では、無理に枯れ葉の中に避難しなくてもいいのかもしれません。
過度&急激な乾燥を避けるため、ふたの3分の2ぐらいはラップで覆っています。空気の入れ替わり具合の好みも見たかったのですが、くっついている位置にはラップは関係ないようです。

冬眠中とはいえ、ほぼ毎日見ていますが、時々数匹の位置が変わっています。落っこちたりして、より好みの位置に移動しているようです。
あと、数日前に水を補充しました。厚さ5cmぐらい敷いている砂利の下3cmぐらいのところまで水を入れます。つまり、砂利の下3cmが水没している状態です。
それでも気温が低いので蒸れることはなく、蒸発した水蒸気は上部の砂利や枯れ葉に吸収されて穏やかな環境を維持します。
この地域の冬の自然界の土は雪融け水で水浸しのはず。常に少量の水蒸気が発生していると思われます。プラスチックで囲まれた飼育ケース内では、自然界より多めの水蒸気の提供が必要ではないかと考える次第。もちろん、正しいかどうかはいまだ不明ですが。

いずれにしろ、冬眠中とはいえ膜がふやけない程度の水蒸気は必要だと思います。体内の水分蒸発を避けるために膜を張るカタツムリ、それでも呼吸穴からは少しずつ水分が蒸発していきます。
その蒸発を穏やかにするために、適度な水蒸気というわけです。
霧吹きをすると膜が破れるので、ここは大自然の摂理を利用する次第。
生きようとして冬眠しているのですから、その意思を尊重して起こしてはいけません。

カメなどにも言えるのですが、冬眠させないで飼育する方法もあります。そもそも冬眠とは賭けのようなもの、ストレスもものすごくかかる命がけの挑戦なのであります。冬眠して寿命を縮めたり命を落とすこともあります。
それでは冬眠させないで飼育するにはどうすればよいのか、それは飼育温度を24時間下げないこと。ペット用ヒーターなどを使えばできると思います。
現に、暖かい地方で飼育中のカタツムリは冬眠しない例もあるようです。ペット用ヒーターを使わなくても一日の最低気温自体が低くないのかもしれません。
寒冷地ではヒーターというより温室が必要になるので、いろいろとおおごとになったりします。
まあ、その地域の生き物はその地域の気候の中で飼うのがいちばんなわけです。

しかしカタツムリならまだいいのですが、仮にハムスターなどを飼った場合はぬくぬく暖かい環境を用意しなければならないでしょう。変温動物の場合は、高度な温度管理が必要になります。犬は雪の上を駆け回りますが猫はこたつで丸くなりますから、居心地の良い飼育環境の提供が必要なわけです。
話が大きくなってきましたので、今回はこのへんで。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2010年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちのカタツムリも、蓋の裏に貼りつきっぱなしです。故に暇ですw

いやーそうなんですよ…北国の生き物飼育は大変につきます。

全盛期の時ですが爬虫類を20匹以上、タイ産などの昆虫を10種以上飼っていた時、ヒーターではまかないきれず、押し入れを二つ、上下丸ごと改造して温室にしてましたwww
しかもイグアナやアガマにも手を出してたので電気代有り得なかったですww

保温のアルミシートを貼りめぐらせたり、温室専用のヒーター買ったり、苦労しました。懐かしい思い出です。
沖縄に住めば楽なんだろうな…
Posted by 目薬 at 2010年01月12日 06:11
同じく、うちも張り付きっぱなしで暇ですw

あとうちの柴犬は年取ってきたので
セーターを着ています。
雪は好きですけどね(U^ω^)

昔熱帯魚を飼っていた時は
色々大変でした。
1回ヒーターの故障でゆでてしまった事があります。。。。
トラウマ・・・・・
ごめんね・・・・・・
Posted by まゆ at 2010年01月12日 19:48
>目薬さん
な、なんじゃその数はっ!Σ(゚Д゚;)
しかも極寒地で、よくがんばりましたねーw
生き物にとっては、まさにオール電化。つかオール天下ですなw
それを見た人はオール目が点か(^Д^)

>まゆさん
いやはや、どこもかしこも暇になっててワラタw
柴(*´Д`)ハァハァ 犬の中ではいちばん柴が好きです。(∪^ω^)わんわんお!
つか、熱帯魚飼育も温度管理が大変そうですねーw
Posted by ぁぃ♂ at 2010年01月12日 21:07
遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します<m(__)m>
家のツム、一度同じようにフタのあたりに張り付いてカサッとなっていた事があり、冬眠しちゃったの?!と焦って霧吹きをしてしまったら、又小松菜を食べ始めて元気になりました(^_^;) 最近さすがにネンネタイムが長くなったようですが、備長炭の下など湿っている場所で体を少し出したまま丸まっています。先日など、又キャベツを食べて頭をムクムクさせていました。

師匠の沢山のカタツムリを見るにつけ、家の一人ぼっちのツムが寂しそうで可哀想になります。暖かくなったらツムの友達を探す旅に出ようと思っています。
Posted by tumu☆mama at 2010年01月13日 00:54
ちょっとお久しぶりです。今年もよろしくお願いいたします。

ウチのヒダリマキ2匹もほぼ寝てばかりになりました。
先日は少し大きめの1匹が起きだして動き回っていたところ、蓋裏で寝ていたもう一匹にくっついて一緒に落ちるという荒技を使って起こしていました。一匹で寂しかったのかも・・・
1日中遊んだ後、今は2匹とも下の枯葉や竹炭裏でオヤスミ中です。
 春の目覚めまではケガなく無事でいてと願って見守っています。
Posted by MUNE♪ at 2010年01月13日 13:58
>tumu☆mamaさん
霧吹きだめーーーーーっw
でも食事をしていたところを見ると、まだ冬眠の入りたてだったようですな。
カタツムリは飼育個体数が増えると掃除が大変ですよw
冬眠に入って、ようやくほっとしている次第であります(^O^)

>MUNE♪さん
あるあるw
せっかく寝ている個体にくっついて、そのままコロンと落ちてしまう光景はよくありますw
兄弟たちと同居しているのはわかっているはずなのに、いたずら心でしょうかねー(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年01月13日 20:42
ぁぃさん、今年もよろしくお願いいたします。
事後報告になってしまい申し訳ありませんが、こちらのページ、
リンクさせて頂きました。
事前にお伺いを立てず、ごめんなさい。

ウチのカタツムリ達、ふたの裏、土にすっぽり、葉っぱにくっついて冬眠と、様々です。

いろいろな生き物の記事、これからも楽しみにしています!

Posted by 玉つむ at 2010年01月14日 22:47
>玉つむさん
リンクありがとうございますー(^O^)
こうしてブログを書いていると、いろいろな方が飼っているカタツムリの様子がわかって、大変勉強になります。
まだまだ不思議が多いカタツムリですので、毎日が勉強なわけです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年01月14日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る