2010年04月08日
まもなく羽化のヨトウムシ

サナギになって2週間ほど経ちますが、なんだか羽化するオーラを感じます。前回は羽化まで1か月弱かかっていますので、ちょっと早いような気がします。ヨトウガではないのでしょうか。

羽化が近いと感じる部分は、複眼が真っ黒く見えること、触角や脚の輪郭部が黒ずんで見えること、羽根の部分に筋が見えること、腹部の節が立体的に見えることなどです。
体の形成がかなり完成しつつあり、順調にいっているようです。
上に見えるのは幼虫時代からあるキャベツです。とっくに乾燥してぱりぱりになっていますが、羽化時の足場になりそうなので、そのままにしてあります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 これってつつくとおしりがウネウネ動くアレですよね。やっぱりヨトウムシだったんですね。
Posted by まもなく羽化のヨトウムシ (338) at 2010年04月20日 00:20
>338さん
サナギ時代の唯一の反撃方法であるウネウネ行動のことですねw
カブトムシのサナギはこの蛇腹の部分に特別に硬くなっている部分が数か所あり、そこでダニや昆虫などの外敵を挟み込んで攻撃をすると言われています。
両手を縛られて足で蹴るのと同じですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年04月20日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る