2010年07月04日
夏眠に入るカタツムリ

大好物の人参やイチゴもあまり食べず、ほとんどの個体が膜を張って体を引っ込めています。夏眠です。

いつものサイクルでは、生まれて2年目の初夏に大人になって産卵するので、それが今年のはずでした。産卵すると寿命が縮まるので、その年の冬には★になってしまいます。
夏眠明けに産卵するのでしょうか。もしそうであれば、生まれた子供たちはまだ小さな状態で冬眠するわけで、ちょっと心配なのであります。
つか、生まれる子供たちのために植えていた葉大根は塔立ちして花が咲き、サラダ菜も収穫してもいいほどの大きさなのですが、すっかりあてが無くなってしまいました。夏眠から覚めたら、また植えなおしたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2010年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう夏眠ですか!
そちらの方が気温も低いでしょうに。まだまだ梅雨の最中だし、夏眠なんて考えていませんでした。
暑い日は、ケースの中の温度が上がらないように水で絞ったタオルを下の方に巻いたりしていましたが…。
確かに食欲は今一。特にツムは、あまり元気がありません。産卵したから疲れちゃったんですね。わー、お星様にならないで。。。
だとすると、この時期、常温での卵の孵化は難しいですかね。
Posted by tumu☆mama at 2010年07月04日 03:01
うちのつむり(ウスカワ?)二匹も、ほとんど食欲がなく寝っぱなしになっています。ゲリラ雷雨はたまにあるけど、本当に毎日暑く、産卵もせず、もう夏眠でしょうか?二匹とも今年で一歳。
一瞬、顔をあわせたようですが、ずっと、ケージの端と端で離れて寝てます。
ホント、言葉がわからないので、何考えてるのかわかりませんね・・・。心配ばかり。
Posted by なな子 at 2010年07月04日 18:48
>tumu☆mamaさん
孵化と気温の関係ですが、自分の飼育内では産卵初期の涼しい時のほうが孵化率が上がりました。
だんだん暑くなってくると並行して孵化率が落ちました。
ただ、これは気温と関係ないのかもしれないので、何とも言えません。(^O^)

>なな子さん
室内飼育の場合はエアコンで空気が乾燥するので、それで膜を張る場合も多いようです。
ただ本当に暑いのなら夏眠の可能性が大きいですねー。
まあ顔を合わせたのなら互いにいるのはわかっているので、気長に観察しましょう(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年07月04日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る