2006年07月16日
カタツムリ-060716-1

セッティング完了です。上から見た写真と横から見た写真です。
昨日説明したものの他に、木炭片と枯れ葉を入れました。黒いかたまりのようなものが木炭、黄色っぽいのが枯れ葉です。
この枯れ葉は、サクラの木の葉っぱです。よく食べる上、香りがいいので消臭効果もあります。枯れ葉は、あげる前に水に1週間ぐらい浸しておけばやわらかくなって食いつきが良くなりますが、今回はそのままあげてみました。

カタツムリ-060716-2

拡大写真です。
木炭片と枯れ葉がよくわかると思います。
砂利の深さは2cmぐらいにしました。深いほうがより水分を含み、湿度の安定につながります。この砂利の下に粒状木炭を埋めてあります。

カタツムリ-060716-3

カタツムリくんお引越し。さっそく新しいキャベツのところに大集合となりました。
少し広すぎるかなと思ったのですが、入れてみるとちょうどいいかんじで安心しました。

ケースのふたの裏側に逆さまに張り付いたカタツムリくんは、目だまをめいいっぱい伸ばしながら、うぉぉぉぉぉぉぉってかんじで下を見てました。
高所恐怖症なのかもしれませんw .........@ノ”
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | カタツムリ〜2006年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛さん、素敵な飼育ブログありがとうございます。今、訳あって、かたつむりちゃんを10匹ほど手に入れたいのですが、北海道のかちゃつむりちゃんは、冬眠体制に入ったのか見つかりません。
本州ではまだ、野原にもいますか?ショップなどで扱っているところなんて知りませんかぁ?
Posted by なおちゃん at 2006年09月18日 10:48
なおちゃんはじめましてです。
野原でよく見るカタツムリは、こげ茶色で黒い斑点のあるあまりかわいくないカタツムリですw
しかも1cm未満の小さいタイプになります。
今飼っているのは庭で見つけたカタツムリで、クリーム色のタイプです。
カタツムリの生息地域にはクセがあって、同じ街の中でも土地が変わればたくさんいたりまったくいなかったりします。
家の庭ではクリーム色のがいましたが、さがしてみてももういませんでした。
会社のほうでは茶色い小さいのがいます。クリーム色で楕円形の小さいのもいます。
捕まえるのは、実際にその土地に入って探してみるしかないようです。
ショップも検索してみましたが、探した範囲ではどこでも売っていないようです。
生き物を探すコツは、なるべく人の手の入っていないような自然の草原を探すことです。
植物が伸びたいだけ伸び、枯れたら土に還るような土地です。
定期的に芝刈り機が入るようなところにはいないようです。
がんばってさがしてみてください(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2006年09月18日 17:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る