2006年07月31日
060731-1.jpg

コスモスの葉のところで、ショウリョウバッタが脱皮していました。
脱皮後の体長は1.5cmぐらいで、まだまだ完全羽化していない幼虫です。
たぶん・・・、おそらくショウリョウバッタでしょう。自信があるわけではありません。

目の位置や大きさ、触角の太さ、顔の長さを考えると、ショウリョウバッタが一番近いような気がします。
完全に羽化した成虫は、もっと顔が細長いのです。しかし、脱皮したばかりで全体がまだ縮まっていると考えれば、ショウリョウバッタだと思います。おまけにまだ幼虫であり、触角も本来の長さではありません。

脱皮し終わった抜け殻がこれです。

060731-2.jpg

卵から孵化した生まれたての幼虫は卵の殻を食べ、脱皮した幼虫はその殻を食べます。
撮影用にちょうだいしました。ごめんなさい。

殻は貴重なタンパク源なので、昆虫にしてみれば栄養食でもあります。
次の脱皮のときに食べてくれることを期待します。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る