2011年09月29日
カタバミ完食のヤマトシジミの幼虫

19日に書いたときはこんなかんじでしたが…


カタバミ完食のヤマトシジミの幼虫

ハート形のカタバミの葉っぱが消えました。幼虫はどうなっているのでしょうか。


カタバミ完食のヤマトシジミの幼虫

いました。丸々と太った終齢だと思います。全部で4匹確認できました。
寒くなると土の上で冬眠し、春にサナギになって羽化します。


カタバミ完食のヤマトシジミの幼虫

近くにはクロヤマアリが5〜6匹。甘露をもらった義理で、いまだ警備態勢です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわぁ!見事に食べちゃってますね^^
酸っぱいのが好きなんですかね?
カタバミって酸っぱいんですよ♪
知ってましたか?(*^^*)
Posted by さわ at 2011年09月29日 00:15
>さわさん
知ってます知ってます(^O^)
自分は酸っぱいものが好きなので、もしかしたらカタバミだったら食えるかもしれませんw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年09月29日 01:17
まるまるのコロンコロンですのw
アリさんたちが、死の一刺しをするヤカラからも守ってくれるといいのになぁ・・・

無事、けな気な羽ばたきを見せてくれますよーに


今年はいまだ、例年カイシャの壁をせっせとのぼる芋虫軍団に遭遇してません・・(; ・`д・´)?
Posted by ぐわ氏 at 2011年09月29日 02:24
>ぐわ氏さん
今の季節でもヤマトシジミの親が飛び交っているので、これからまだまだ卵を産むようです。
この幼虫もそうだと思いますが、長い冬を越す越冬幼虫となるわけで、がんばってほしいものです(^O^)
なんと、幼虫軍団いないのですか!?
今年は野菜も生き物も変な年なので、来年大発生かもw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年09月29日 22:14
ヤマトシジミ、クロヤマアリ、カタバミ・・・
クロシジミほどではないですが、これだけ強い関係を持つものが増えると、生存率アップな反面、ひとつ欠ければアウトなわけですから、結局どうなんだw
まぁカタバミもクロヤマも結構な都会でもいるのがクロシジミとは違い、ナイス選択ですね。
共生関係を増やして安全なのがいいのか、危ういけど一匹でどんどん生息範囲を増やすのがいいのか、自然は深いですねぇ。
Posted by ムツギアリ at 2011年09月30日 00:03
>ムツギアリさん
なるほど、そういう視点もおもしろいですな。
日米安保のようにお互いにベッタリしてウマウマーな状態と、スイスみたいに完全中立して国民全員分の核シェルターを完備する状態ということですなw
こうなるとどっちがいいのかわからなくなるので、それぞれの子孫や歴史がそうするようにしているのかもしれませんねー。
極端な進化をした生き物は、割と他の生き物と共生しているように思います。お宝を得た分、捨てたものも多かったので、捨てた分を助けてもらうみたいな考えです。
アリもよく考えれば、かなり極端な進化をしている生き物ですし(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年10月01日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る