2014年07月03日
サクランボの木に異変発生

種から芽が出て9年目のサクランボ(佐藤錦)ですが、ここにきて大きな異変がありました。


サクランボの木に異変発生

いやはや、葉っぱの端が赤くなって丸まっています。この現象が全域にわたって発生しています。
…となれば、原因は根か病気ということになります。病気なのかもしれませんが、長雨続きだったので根がやばくなったのかもしれません。
植替え時期は本来冬なのですが、急きょ大きな鉢に植え替えることにしました。


サクランボの木に異変発生

引き抜いてみると、カビ状のものが見える他、根もかなり根詰まり状態でした。土をほぐしてみましたが、根ぐされは確認できませんでした。


サクランボの木に異変発生

左の9号鉢に植え替えます。直径27cmです。


サクランボの木に異変発生

土は、中玉赤玉土3、培養土3、腐葉土3、細粒軽石1ぐらいです。培養土だけだとピートモス系が多くて水持ちと水はけにやや難があるので、赤玉土と軽石を追加、じっくり効く養分として腐葉土も混入した次第。


サクランボの木に異変発生

コガネムシの幼虫がいるのかも確認しましたが、いませんでした。あと、表面に生えていたツメクサは除去。

土の中は根詰まりの他は特に異常は見られませんでした。もしかしたら病気かもしれないので、このまま様子を見て必要なら薬剤散布も考えたいと思います。
実も成らないただの花木ですが、種を蒔いて9年も一緒にいる木なので、できることはしようと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | サクランボ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る