2015年05月19日
冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

冷蔵庫の中で寒さに当てて仮想冬を経験させていた4個の富有柿の種。そろそろ種蒔きの季節なので取り出しました。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

表面に白いカビが少し発生していましたが、悪性のカビではなかったので洗い流して放置。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

室内の温度で約1週間後に3個の種から根が出てきました。残る1個も膨らんでいるので大丈夫そうです。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

小鉢に蒔いて発芽待ち。発芽後は大きな鉢に植え替えます。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

前に発芽して育成中の富有柿の苗。いろいろ変化がありました。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

@大きめの葉が落葉。原因は葉の先の枯れが進行したことによるものです。
A同じような症状が他の葉にも出ています。葉の先の生長が停止して硬化するので、葉の全域の生長とともに丸まっていきます。
Bさらに他の葉にも同じ症状が発生。
C葉の端が黄色くなる現象も全体に発生中。
もし栽培方法が原因なのであれば、初めて液肥を与えた時のタイミングと合致します。そんなわけで大量の水で土の中の肥料分を洗い流しました。また、土や根の状況を考えてひとまわり大きい鉢に植え替えました。
D@の発生直後に1段下に出てきた脇芽が急速に生長中。枝になりそうです。
E最下段の葉にしみ発生。

現在は半日蔭に置いていますが、環境の変化による小さな変化は今後もある気配。徐々に日光に当たるような場所に移動したいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 富有柿 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る