2017年04月16日
寄生されていたサナギ

土の中にいたモモスズメのサナギを掘り起こして紙の上に置いたのですが、数日後のこと…


寄生されていたサナギ

1匹の幼虫が歩いていました。寄生バエの幼虫です。
モモスズメのサナギから出てきたのかオオモンシロチョウのサナギから出てきたのか不明なので、調べてみることにしました。


寄生されていたサナギ

モモスズメのサナギ。掘り起こした時点でピクリとも動かず、重さも軽い状態でした。
出てきた穴は見つかりませんでした。


寄生されていたサナギ

オオモンシロチョウのサナギ。こちらも出てきた穴は見つかりませんでしたが、奇妙な変色をしています。羽化が近い変色のしかたとは違うような気がするので、このサナギから出てきた可能性も否定できません。


寄生されていたサナギ

そんなわけで、急遽寄生バエの幼虫を確保。


寄生されていたサナギ

半日後にはサナギになりました。

自然界の幼虫も食物連鎖の中にいるわけで、鳥に食べられたり寄生されたりするわけです。しかし、幼虫の時代にパクリと食べられるよりも、サナギになって成虫の体を作っている最中に中から壊されて食べられるのは、悲劇ですな。
秩序もモラルも無い食うか食われるかの世界で、1匹の寄生バエが今羽化の態勢を整えたわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小学校の理科の授業で青虫をモンシロチョウまで育てましたが、クラスの8割が青虫に寄生するアオムシコマユバチにやられました。寄生虫なんて知らないので、皆んな青虫が赤ちゃんを産んだ‼と喜んでいましたが、図書館で事実を知った時は…:;(∩´﹏`∩);:

ところで、羽化させるんですね…気になるような、なんだか複雑な気持ちです(笑)
Posted by R at 2017年04月16日 20:20
>Rさん
何かの本で読みましたが、自然界の幼虫の9割以上は鳥に食べられたり寄生されたりして成虫になれないそうです。
「ひいき心」から保護していたサナギなので残念な気持ちはありますが、自然界のバランスにおいては寄生もまた重要なファクターなので、今回は寄生バエの勝利を素直に祝い、羽化させて自然に返したいと思います(^O^)
つか、アオムシコマユバチはかなりグロいほうだと思いますよw
Posted by ぁぃ♂ at 2017年04月16日 22:40
ももタソが、ももタソがぁああああああああああああああ

・゚・(つД`)・゚・

とりあえず献杯してくるわ・・・ orz
Posted by guwa at 2017年04月21日 02:10
>guωaさん
きれいなモモスズメの羽化を期待していたのですが、状況変わらずです。
明日にでもまた見てみますが、オオモンシロチョウのほうから出てきたような気もします。
しかしながら、モモスズメのほうはピクリとも動かず、しかも軽く、土の中ですでに★になっていた気配。
またの出会いを期待しつつ、春を迎えようと思う次第。
Posted by ぁぃ♂ at 2017年04月22日 00:28
プランターに放置のスティックセニョール。
トウが立ち、花が咲き、種になろうとしています。
ある時から糞が見られるようになり、犯人をさがしたらアオムシのようでした。
もう放置の野菜なので、そのまま様子を見ておりました。
そしたら今日、一匹がおなかに黄色い繭をいっぱいかかえておりまして
こっこれがアレかーーーー!!!!アオムシコマユバチーー!!!
小さい頃にアオムシとか飼ったことがなくて、寄生についてはこうやってぁぃさんちで見て「ふーんそういうことがあるのね」程度だったので、衝撃でありました。
そして、今、アオムシコマユバチのことを調べてまくっておりました。
画像も動画もなかなかにきついですね。
でも、みんなそれぞれに自分が生きるのに必死だし、こうやってバランスが取られているのですよね。

Posted by れんげ at 2017年06月22日 18:03
>れんげさん
いきなりアオムシコマユバチですかっ!wwwwwwwwwwwww
数ある寄生の中でもグロ中のグロであるアオムシコマユバチ、さぞかしショックであったことでしょうw
寄生バチがいなければ幼虫がもっと増えて野菜も育たなくなるかもしれませんが、目の前で遭遇するとさすがに引きますねー。自分もアオムシコマユバチだけは写真の段階でもうだめです(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年06月22日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る