2017年04月18日
コンパニオンプランツ育苗中

今年のベランダ菜園ではコンパニオンプランツを正式に導入しますが、苗スタートの茄子やトマトと合わせるために、種蒔きスタートのバジルは少し前に種を蒔いて育苗を始めた次第。


コンパニオンプランツ育苗中

窓際で元気に育つスイートバジル。


コンパニオンプランツ育苗中

これは、昨年採取した九条太ネギの種から発芽した芽。
九条太ネギは、従来通り分げつ整理するか種から再スタートするか検討中なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンパニオンプランツ、
私も、毎年計画だけは立てるのですが、
計画倒れに終わっています。。
今年からは、ラムズたちがいるので、彼らの大好きかつカルシウムも豊富なバジルを多めに植えました。もちろん、私も負けずに食すのです。
あ、ねぎも、再利用していますね。
昨日、青ねぎ部をラムズにあげたら、中に入り込んで、しばらく引きこもったコがいました。今朝起きると、内側から見事にビリビリになっておりました。
Posted by ぼんやり at 2017年04月27日 11:53
>ぼんやりさん
ラムズはバジルを食べるのですかっ!!!
つか、ネギも食べるのですかっ!!!
いやはや、エスニカンというかスパイシーというか、沁みないんでしょうかw
ネギもバジルも家庭菜園的には虫よけとして用いられることも多いですが、沼沿いに植えたら野生のラムズが集まるかもしれませんなwww
Posted by ぁぃ♂ at 2017年04月27日 22:23
ぁぃさん、おはようございます。
不気味な連投にも関わらず、
返信ありがとうございます。

ラムズは、基本何でも食べます(生の牛肉も食べちゃいますw)。
しかし、細かいところにこだわりがあるのと、一種類だけを食べ続けるのはどうもイヤみたいなので、ラムズ専用のコースを用意しなくてはなりません。。
ex.
「特上コース」
水草の前菜
バジルと花のサラダ
ズワイガニほぐし缶(主菜)
干した梨の皮のデザート

「インスタントコース」
ドライローズマリー
固形のプレコのえさ
干したドクダミ葉
これらをすり鉢で潰し混ぜた粉末

「デトックス&うんうんの臭い対策コース」
柑橘類の皮
タイム
ローズマリー
竹炭や備長炭などの粉末
ちょっとだけ食用重曹
これらをやはりすり鉢で混ぜますw


香りも良いし、
絶対好きだと思ってあげたのに、
バナナとりんごには、
興味なさそうでした。。泣
あと、ハーブでも、タイムなどの副交感神経促進系は興味ないようです。

かたつむりと比べると、
柔らかいものが食べやすいみたいなので、
一応、野菜は湯引きしたりして、
あげてます。

粉末状なら、わりとなんでもいけそうですが、アーモンドや卵の卵殻膜は、うんうんのねとねとが、大変な事になるので、もうあげません。。

淡水巻貝と、
陸上巻貝の差こそあれ、
顔や身体構造や習性は、
かたつむりさんに近いので、
ぁぃさんの飼育愛玩のエッセンスを、
学ばせていただいてるのです♪
Posted by ぼんやり at 2017年04月28日 08:28
>ぼんやりさん
す、すばらしい!!!!!!!!!!!!!!
ブログ、つか、本書けますなwww
何気に栄養や効能もしっかり考えられているところが、興味深いです。
一種類の素材をあげる分には楽ですが、配合食となるといろいろと考えることが多くて大変ですねー。
しかし、その大変さがまた楽しいはずです。わかります(^Д^)
飼育にはいろんな楽しみ方がありますが、食べ物の配合を考える楽しみには気が付きませんでした。
どんどん広がるその楽しみ、まさにこれぞ飼育ですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年04月29日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る