2017年06月16日
相変わらずの妙丹柿

下のほうの葉が枯れる現象は、定期的にやってきます。ただ、それ以上に上から新しい葉っぱが出てくるので、全体的には少しずつですが大きくなっている状況。
まだ室内の窓際に置いていますが、いずれは外に出さなければなりません。その際、直射日光に馴れさせながらゆっくり出していくことも忘れないようにしなければなりません。非常に気を使う状況になっている妙丹柿なのであります。
タグ:妙丹柿 実生
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 妙丹柿 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る