2017年06月17日
ナスの3本仕立てで定説が崩れそう

長ナスの「筑陽」ですが、3本仕立ての側枝の選定に迷いが生じている次第。
通常は一番花の直下とその下の側枝(脇芽)を伸ばして合計3本に仕立てるのですが、一番花の直下の側枝の勢いが無いのであります。


ナスの3本仕立てで定説が崩れそう
ナスの3本仕立てで定説が崩れそう

※「第1花房」≒「一番花」(- -;*)ゞ
一番花の二つ下の側枝(橙線)は勢いがありますが、一番花の直下の側枝(赤線)の勢いが無く、一番花の二つ上の側枝(赤破線)がかなり勢いがある状態。
定説通りの「3本仕立て」では赤破線は切除対象になりますが、この状況だと赤線を切除して赤破線を残し、変則3本仕立てにしようかなと迷っている次第。


ナスの3本仕立てで定説が崩れそう

こっちは中長ナスの「とげなし千両二号」。


ナスの3本仕立てで定説が崩れそう

一番花の二つ下の側枝(橙線)の勢いがやや弱いですが、現在様子見の状態。
一番花の直下の側枝(赤線)の勢いはあります。
その上部はまだ生長中で側枝の判断はできませんが、万一上部のほうに元気な側枝が出てくるようであれば、橙線は切除対象になってしまうかも。

ナスは初めてやりますが、定説通りにいかないところに驚いているわけです。
同じナス科のミニトマトは第1花房の直下の脇芽が間違いなく勢いが出るので、Vの字の2本仕立てを作りやすいのですが、いやはやまいった。
弱い脇芽を切除して変則の変則で2本仕立てとして考える策もありますが、ここは頭を抱えて悩んでみたいところ。切って逃げればそれで終わりますが、切らないで事件が起これば、またそこで学べるわけです。
なんせ初めての栽培なので、何で悩んで何をしてどうなったかを体験しなければなりません。せっかく体験しても来年には忘れるかもしれないので、こうしてブログに書いているわけですw

.....@ノ”<出た!ぁぃのドMブログw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る