2017年07月10日
小カブの葉を食べるカタツムリ その1

ここで小カブを収穫したのですが、エカキムシの被害が大きかった葉をカタツムリにあげました。エカキムシ自身は当然除去済みです。
これは筋あり4兄弟。


小カブの葉を食べるカタツムリ その1

交尾も産卵も気配さえない筋あり4兄弟です。


小カブの葉を食べるカタツムリ その1

こちは筋無し4兄弟。完全なリラックス状態。


小カブの葉を食べるカタツムリ その1

特に何もない平和な日常。


小カブの葉を食べるカタツムリ その1

老夫婦のベテラン組。仲のいい親子です。


小カブの葉を食べるカタツムリ その1

ほほを摺り寄せてますな。交尾ではないですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぁぃさん、かたさん、
こんばんは。

右ほっぺぺたぺた、
仲睦まじい様子で何よりです。
愛くるしさの骨頂ですね。

かたさん筆頭に、
巻貝は、
昆虫なんかと比べて
こういった触れ合いの時間が
多いように思います。
あ、雌雄同体だからこそ、
本能や欲が、
違う次元なのでしょうか。
シンプルかつ崇高な愛情を
感じます。
いいなぁ、こういう関係。
Posted by ぼんやり at 2017年07月10日 19:14
>ぼんやりさん
動きが遅い生き物は移動距離も短く、相手に出会う確率も低くなります。
なので、相手を意識することや出会った時の行動は他の生き物と比べて次元が違うというのは正解かもしれません。そうしないと子孫を作れないのかもしれませんな。
複数飼いをすると面白い生き物ですねー。相手を意識しているのがすごくわかります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年07月11日 00:47
みなさまお元気そうですね。

我が家のヒダリマキ4兄弟のうち1匹は2歳で召されました。

残された兄弟は長生きするのか?ドキドキです。
Posted by JAM at 2017年07月26日 02:17
>JAMさん
どんな生き物にも個体差があり、ウチのにも老いの速度が速い個体がいます。
遺伝子レベルの次元で、それぞれに差があるのだと思います。
長くても短くてもどれもひとつの人生。飼い主の記憶にはどれも平等に残るのであります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年07月26日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る