2017年09月22日
糸吐き開始のクルマスズメの幼虫

枝や葉、そして敷いているティッシュを利用しながら、クルマスズメの幼虫が糸を吐き始めました。
また、折ってあったティッシュがめくられていることから、この中に潜って出てきたか枝や葉を故意に寄せた可能性があります。
いずれにしろ、考えた末の場所で糸吐き開始のようです。


糸吐き開始のクルマスズメの幼虫

蛹室であるマユを作るにしてはずいぶん太い糸ですが、今は骨格代わりの太い糸を張っているのかもしれません。


糸吐き開始のクルマスズメの幼虫

頭を左右に振りながら糸を出して蛹室をつくるわけですが、ざっと想定して1000回以上は頭を振ると思います。大変な作業です。


糸吐き開始のクルマスズメの幼虫

尾角はすでに動いていませんが、腹脚や6本の脚はまだ動きます。
分厚い皮の中ではすでにサナギの表皮がほぼできているはずであり、この状態で糸張り作業をしているわけなので、まさに今この時が大変な時期なのかもしれません。
ちなみに、体の縦横比はすでに一般的なスズメガのサナギのそれと同じくらいになっています。3cmぐらいですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | スズメガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
糸を吐き始めたという事は、蛹化へのステップを
踏んでいるようですね.
先の記事ではいらぬ勘繰りをしてしまいお騒がせ
しました( ̄▽ ̄;).

クルマスズメ等、ホウジャク亜科の多くは蛹化の際、
地上で落ち葉や土の塊を集めた粗い繭をこしらえるので、
これら材料を沢山撒いておくとより作りやすいものと
思います.

順調に羽化まで漕ぎ着ける事を願います(^人^).
Posted by asahama at 2017年09月22日 05:47
>asahamaさん
まさに粗いマユのようで、そのもようをこれからアップする予定です(^O^)
まあ、次から次に事件が発生しており、その模様もこれからアップしますw
Posted by ぁぃ♂ at 2017年09月22日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る