2017年10月23日
オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

確保中のオオモンシロチョウの幼虫は、2匹ともふたの裏でサナギになっています。


オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

ふたをひっくり返して撮っているので、支えの糸がゆるんでいます。


オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

こっちも同様w


オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

同じく、確保中のスジグロシロチョウの幼虫も、2匹ともふたの裏でサナギになっています。



オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

サナギは神秘。


オオモンシロチョウのサナギとスジグロシロチョウのサナギ

サナギはロマン。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

ふおおおお!蛹ふつくしい・・・

おおお!みんな全員よくぞご無事で・゚・(ノ□`)・゚・
我が家の先週からお迎えしてる子達は、今のところ
3分の2が病気とマユバチで3分の1だけ健在ですが
まだ誰も前蛹にたどりついていないのですー

そして、先週ご近所さんの畑から頂いた大根菜を
野菜室からだしたら、初めてのオオモンシロチョウの幼虫らしき子が!

オマケきましたぁぁぁ、もちろん保護中!
4匹、みんな無事羽化しようとしないで越冬モードになります様に!
Posted by しゃべ at 2017年10月24日 02:21
オオモンシロチョウはこちらでは見かけない北国志向の蝶ですな.
割と最近入ってきた種類なだけに、興味惹かれる記事も結構見つかりますねぇ.

例えば
・低温研ニュース 共同研究紹介
 『オオモンシロチョウを知っていますか?』
・京都大学
 『寄生蜂アオムシコマユバチによる侵入寄生への適応に関する進化
 生態学的研究』

などは、脳ミソ的に美味しいです.ジュルリ(*´μ`*)
Posted by asahama at 2017年10月24日 20:40
>しゃべさん
色々な色が用いられていて描かれたサナギなので、かなりきれいなほうですな。
虫嫌いの人にとっては、複雑な色合いがさらに虫嫌いにさせそうですがw

>asahamaさん
ん〜、これはなかなかの課題かも。踏み入ればかなり深くまで踏み入りそうですが、サナギ管理が続きそうなら一度は学んだほうがいいかもですな。
もともと研究脳なので、深く物事を知ることはやぶさかではない次第(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年10月25日 23:06
こんばんは!
asahamaさん、良い情報ありがとうございます!

読みに行ってみますー!

アアオモンシロ幼虫さんは、1週間野菜室で生きながらえたものの、出て来てすぐに脱皮してから動かず食べてないみたい。

群れて育つみたいだから、たった1匹しかいないから、
カタツムリみたいに、仲間がいないと元気がでない、とかなのかなぁ?
Posted by しゃべ at 2017年10月26日 01:16
失礼しました、オオモンシロチョウ幼虫さんの、間違いです!
Posted by しゃべ at 2017年10月26日 01:16
>しゃべさん
推移を見守るしかないですな。
Posted by ぁぃ♂ at 2017年10月27日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る