2019年06月20日
赤紫蘇発芽せず

赤紫蘇の発芽率が悪いのは今年に始まったことではないのですが、今年はついに発芽ゼロでしたw
そこで別の場所に生えていた赤紫蘇を3本引っこ抜いて移植した次第。
赤紫蘇はこぼれ種から容易に発芽するくせに、いざ蒔くとひねくれることこの上なし。ちなみに、ワイルドストロベリーのプランターからも自然と飛んだ種が発芽して元気に育ってますし、野原風花壇やそこらのアスファルトの隙間からも芽を出しています。
この3本は全部アスファルトの隙間から芽を出していたもの。肥料入りのいい土なので、移植して少しして元気に生長しています。
ちなみに、土の穴は水はけをよくするために故意にあけたもの。カブトムシの幼虫を飼っているわけではありません。
タグ:赤紫蘇
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る