2006年10月24日
昆虫の目は、複眼と呼ばれるしくみになっています。
これは目の集合体で、1万とも2万とも言われる目が集まったものです。
トンボの場合は、半球面体の外面に1個1個の目が集まっており、それが左右ペアで頭部にセットされています。
この1個1個でとらえた像を脳の中で結び、風景を組み立てています。

このしくみはデジカメに言い換えればわかりやすくなります。
ひとつの画素が明るさや色を読み取り、それをジグソーパズルのように組み合わせて1枚の写真にするのと似ています。300万画素のデジカメは、300万の像を組み合わせて1枚の写真にしています。

よく間違いやすいのは、1個1個の目が像を結んでいるのではないということです。
トンボの前に人が現れた場合、1個1個のトンボの目に1人の人の像が映るのではなく、分割された一部分が映るということです。
例えば、1個の目には人の頭、1個の目には人の胸あたりというかんじです。
これらのひとつひとつの情報を組み合わせて、人の全体の形をとらえます。

しくみの話は以上ですが、それでは実際にどのように見えているのでしょう。ここが気になるところです。

ひとことで言えば、下の写真のような360度パノラマ写真になります。

複眼を真剣に考察してみるの巻

ただ、360度パノラマ写真というのは横方向の連続であり、トンボの複眼は半球面体ですから、上下方向にも360度パノラマになるわけです。
上下左右360度パノラマということは、文字通りまわりが全部一度に見えているわけで、下の写真のような見え方をしているのかもしれません。

複眼を真剣に考察してみるの巻

トンボも引力を感じてきちんと体を水平に保つわけですから、真ん中の空の面積が大きくなれば高いところを飛んでいると理解するでしょうし、小さくなればその逆と理解するでしょう。

以上、複眼の見え方について書いてみましたが、あくまでもこれは理論です。
実際には、後ろ方向を向いている目の数はかなり少なく、前左右方向に重点を置いた目の配置になっています。
背後から虫とり網でねらったときなどにトンボが首をかしげるのは、よく見えない後ろ方向を確認しようとしているところです。

このしくみと似ているのが、イージス艦のレーダーです。
イージス艦には6角形の板を4面にくっつけたフェーズドアレイレーダーというものがあり、これで360度監視しています。
厳密に言えば、さらに電波の位相を変えてくまなく見るしくみになっています。
だから、6角形の平面の板で90度の範囲のものを、さも真正面からとらえたように処理できるわけです。
トンボはこれができないために、首をかしげるのですw

いずれにしても、複眼のしくみというのはものすごい高度なシステムであり、人間さえも持っていない高等器官です。
進化の違いと言えば違いでもあり、広く浅く見えて繁栄につながったのがトンボ、その逆が人間ということになります。

なお、複眼を構成している1個1個の目は6角形をしています。
ハチの巣で有名なように、一定の面積に最大個数を隙間なく頑強に配置するのが6角形です。

かなり抜粋して書きましたが、詳細に書くと一冊の本ができあがって印税で幸せな生活をすることになりますので、このへんでやめておきますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 真剣考察 | 更新情報をチェックする
2007年04月23日
カタツムリに何を食べさせるか考えてみると、キャベツとかキュウリとかニンジンなどが出てきます。
特に、キャベツだという意見が多くみられます。
なぜでしょう。
また、いろいろなものを食べさせてみると食べる勢いに違いが見られ、嗜好があることがわかります。
なぜでしょう。

このあたりを栄養分析学の面から考えてみたいと思います。
下の表は、本やネットでカタツムリに与えていたのを見たことがある食べ物と、その栄養成分表です。

カタツムリの栄養学を真剣に考察してみるの巻

ぼくがよく与えるのは、キャベツ・葉だいこんです。
与えたことがあるのは、その他にきゅうり・なす・はくさい・バナナ・りんごです。

それぞれに栄養成分が違いますが、カタツムリに与えるということを考えた場合、二つだけ重要な栄養成分があります。
一つはカルシウム、、もう一つはたんぱく質です。

カルシウムは誰でも想像がつくように、殻を作るのに使われます。
砕いた卵の殻や貝がらを与えたほうが良いとよく言われるほど、カタツムリには必須の栄養成分です。
たんぱく質は体を作る役割の他に、粘液も作ります。
粘液をもって移動し、粘液をもって乾燥を防ぐカタツムリにとって、粘液を作る素となるたんぱく質は、非常に重要性の高い栄養成分と言えます。

これらのことを踏まえて上の表を見てみると、葉だいこんはかなりの優等生になります。サラダ菜もなかなかのものです。
おそらく一番メジャーだと思われるキャベツも、意外に多くのカルシウムを含んでおり、実は優等生であったことがわかります。

自分の飼育経験で、バナナやりんごを好んで食べる習性を確認しています。
この点については、栄養学というよりも生物の本能性の問題だと思われます。
生物は毒の味を不快に感じ、栄養のある味を快く感じるものです。
苦味は不快、甘みは快いのであれば、バナナやりんごはカタツムリにとっても快い味になるわけです。
実際、小さいつの(小触角)で臭いや味を感じることができるので、嗜好現象が現れるのは不思議ではないでしょう。

実際の食べ方の違いでも、この嗜好の差は出ます。
キャベツは、必要量を食べるだけに留まります。
葉だいこんは、わりと長時間食べ続けます。
バナナやりんごは、一日中食べてます。

空腹感や満腹感を超える"おいしい"という感情が、そこにはあるのかもしれません。
だとすれば、生き物に与える食べ物は単に命をつなぐだけの"えさ"ではなく、人と同じ次元の"食べ物"であるはずです。

命をつなぐだけの食糧供与は畜産の次元の話であり、愛情を持って育てる飼育というものは、相手の気持ちを考えられる余裕を持つことです。
だからこそ、たまにはおいしいものをあげたいと思い、きれいな環境を維持したいと思うのだと思います。

ただ、愛情余って偏食になって体調を崩して、結果的には死期を早めてしまうことのないようにしたいものです。
そのために、栄養成分について今回考えてみたわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 真剣考察 | 更新情報をチェックする
2007年06月21日
前回書いたように、まさかのミヤマクワガタ保護という事態になり、飼育用品をいろいろと買い揃えたのですが、その中に昆虫ゼリーもありました。

昔、カブトムシ飼育を長くやっていたことがあり、そのとき以来に見る昆虫ゼリー。
色も香りもそそるものがあり、またクワガタたちはどんな味のものを食べているのだろうかと気になり、ちょっと食べてみることにしました。

今回試食してみるのは、この昆虫ゼリーです。

昆虫ゼリーを試食してみるの巻

昆虫飼育用品メーカーでは大手のミタニ社の「虫ゼリーBIG20」。
ミタニ社の飼育用品には昔からお世話になっており、かゆいところに手が届くような便利な用品も数多く作っています。
ワイドカップが20個入って297円。値段も良心的です。
袋の右下に、なにやら注意書きがあります。

昆虫ゼリーを試食してみるの巻

「本品は昆虫専用のフードです。
 人体には無害ですが、お子様の誤食等にはご注意ください。」

大人の誤食には注意しなくてもいいようです。おまけに無害です。
これはよかった!ヽ(´▽`)/
では、原材料はどうなっているでしょう。

昆虫ゼリーを試食してみるの巻

ふむふむ、特に変なものは入っていないようです。
リンゴ果汁も入っていて、なかなかうまそう!これなら安心して食べられそうです。
どんな種類が入っているのでしょう。

昆虫ゼリーを試食してみるの巻

毎日楽しいメニュー!ヽ(´▽`)/
パイン、バナナ、メロンの3つで、これは期待できそうです。
カブトムシやクワガタも一生食べることができないような果物ばかりで、ミタニ社の愛を感じます。
その愛を、ぼくにも少しだけでいいですから分けてください。
どれどれ、さっそく中身を・・・

昆虫ゼリーを試食してみるの巻

パイン、バナナ、メロンで、ラベルもきちんと色分けされています。
ミタニ社らしいかわいいデザイン。子どもも喜びそうです。
色を見てみましょう。

昆虫ゼリーを試食してみるの巻

まさに、赤、黄、緑。きれいな色で、食欲をそそります。
普通に美味そうです。
さて、ラベルをはがしてさっそく食べてみます。
ラベルをはがすと、確かに3つ別々の香り。しかも、かなり美味そうな香りです。
こんな美味そうなものが昆虫専用なわけがない、そう思っていよいよ食べることに・・・

昆虫ゼリーを試食してみるの巻

美味いっ! Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!
予想以上です。味もちゃんと3つそれぞれ違います。
そこらの人間用のフルーツゼリーより、こっちのほうが美味いです。
パイン、バナナ、メロンがそれぞれしっかりとしたポリシーを持っているかのごとく、順番をつけられないおいしさ。
こんなにおいしいものを毎日出されたら、そりゃカブもクワも毎日楽しくなります、はい。

昆虫ゼリーを試食してみるの巻

見て下さい、この上品な断面。
このまま楽天で売られてそうなほど、魅力的な色とつやです。
弾力もほどよくあり、高級フルーツゼリーといった風合いです。
カブやクワは幸せモンです。人より美味いゼリーを食べている実態がわかりました。

昆虫ゼリーを試食してみるの巻

そんなわけで、あっという間に完食。
甘すぎず酸っぱすぎず、香りも味もそれぞれ違った昆虫ゼリー。
これは、隠れたグルメです。
もちろん腹痛などは全く無く、あるのはもっと食べたいと思う感情だけです。

これを食べると、人間用のフルーツゼリーはいったいあれはなんだったんだ?といったかんじ。ただの色のついた砂糖水です。
いやはや、あまり長く書いているとまた食べたくなるので、そろそろ終わりにします。
ミタニさん、このままの味で人間用のもぜひお願いします(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 真剣考察 | 更新情報をチェックする
2007年09月26日
今回は、画像無しで真剣に考察していきたいと思います。

今年の春、冬眠から覚めたカタツムリが初めての産卵をし、あれよあれよと次々と赤ちゃんが生まれました。
このまま生まれ続けたらどうなるんだろう…そんなことも真剣に考えていた最中、あるときからぴたっと孵化しなくなりました。

待っても待っても孵化せず、表面にカビが発生してしまいました。
卵のクッション剤を枯葉から紙にしたのが悪かったのか…そう思って枯葉に戻しましたが、またもやカビ発生。

夏の猛暑のせいなのかとも思いました。湿度を保ちつつ、涼しいところに移動。またもやカビ発生。

思ったより湿度は必要ないのかもと、霧吹きの回数を減らして乾燥状態を作っても効果無し。

こうなりゃ、とりあえずカビの発生を止めてみようと、ヤシガラ活性炭を敷き詰め、適度な水分を吸わせてその上に卵を置いてみました。
待っても待ってもカビが生えません。こりゃ効果ありだ!孵化を待とうと待っても待っても孵化せず、そのうちついにカビが発生しました。

なるべく自然に近い状態に戻してみようと、今まで別ケースに移動していた卵を、産んだ場所にそのままにして様子を見ました。
卵を戻すのではなく、産んだら何もしないということです。
結果、だめでした、孵化しません。

なんでだろう…いままであんなに孵化し続けていたのに…
ふと、ニワトリのことが頭に浮かびました。
あっ!!!そうか!そうなんだっ!!!

無精卵だという結論に達しました。
ニワトリは交尾に関係なく、産み続けます。
きっと、それと同じなんだと思います。
そういえば最近は交尾している様子も見かけません。

数日前も産卵しましたが、そのままにして観察中です。
2週間ぐらいしても卵の中に何も変化が起きなければ、その卵は孵化しない無精卵なのだと思います。

孵化しなくてカタツムリがかわいそうだと思っていましたが、2〜3週間放置してカビが生えた卵をそのたびに処理するぼくのほうがかわいそうだと最近思ってきました。

カタツムリよ、ヒトには「酷」という感情があるのです。処理するときに心が痛みますので、交尾していないときは産まないでください(*^^*ゞ

.........@ノ”<こけこっこー♪
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 真剣考察 | 更新情報をチェックする
2007年10月08日
今使っているカメラは、CanonのPowerShot S2ISです。
デジタル一眼ではないのですが、一眼寄りのコンパクトカメラといったかんじです。
スーパーマクロで0cmまで近づけるのと液晶が動くことで、マクロ撮影に役立っています。

難点は、レンズ部がかなり前面に飛び出すため、内蔵ストロボの光がレンズ直前に届かないことです。実写で5cmぐらい離れないとストロボの光の域に入りません。
マクロ撮影をしていると2cmとか3cmまで近づきたいこともよくあり、しかも草むらの中で薄暗かったりしてストロボがあったらなと思うわけです。
また、昆虫を撮っていると逆光環境にもよく遭遇し、なおさらストロボが欲しいわけです。

マクロ撮影用のストロボも市販されていますが、なんせプロ用なのでとんでもなく高く、これ買うんだったらニコンの新製品でも買うよと思う次第。

ここ半年間ぐらいずっと悩みの種でしたが、なんとか手づくりできないものかと考え、ちょっと作ってみました。


マクロ撮影のストロボを真剣に考察してみるの巻

内蔵ストロボがポップアップした状態です。
ここから発せられた光が、レンズ直前まで届けばいいわけです。
何かいいものはないかと周りを見渡したら、ありました。


マクロ撮影のストロボを真剣に考察してみるの巻

たばこの箱を少しいじくりました。
2つの箱を接合し、内蔵ストロボからレンズ直前までの長さになるようにします。
写真の奥のほうになりますが、ポップアップしたストロボに差し込む穴を開けます。
手前は、レンズ直前部にかぶるようにひさし状にします。
そのかぶる部分の内側に、アルミホイルを貼ります。
ストロボから発せられた光がアルミホイルに反射し、レンズ直前部を照射するわけです。


マクロ撮影のストロボを真剣に考察してみるの巻

中にはティッシュを無造作に詰め込みます。
こうすることで強すぎる光を弱め、拡散効果も期待できます。


マクロ撮影のストロボを真剣に考察してみるの巻

これが接合した状態です。
接合と言ってもポップアップしたストロボを穴に差し込んでるだけで、特に固定はしていません。
差し込む穴をある程度正確な寸法で開けると、カチっとはまって気になるぐらつきは出ません。
右上の写真で、レンズ直前部に光が照射されるのがわかると思います。

不都合な点は、たばこの箱の内部で反射してティッシュで拡散された光が、わずかですが赤みを持った色になることです。
光にはそれぞれ色があり、晴天のカンデラでなければなりません。
今後の改良点は、箱の内部全面にアルミホイルを貼ろうかなと思います。反射光はいいカンデラになるでしょう。
あとはティッシュです。これをどうするかです。

また、中央軸1面照射を発展させて、左右2面照射方式も考えています。
左右2面式だと前面反射が無くなり、さらに自然な描写になるはずです。

実は少し前からこの作ったものを使っており、ここのブログにも何枚か掲載しています。
昆虫の地肌感まで写るようになり、逆光でもはっきり写っていちおう成功の域に達していると思います。
花のマクロ撮影もいきいきとした描写になり、いいかんじです。

とりあえず、お金がかからなくてよかったです\(^o^)/
これで、ようやくスーパーマクロ0cmの機能をフルに活用できます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 真剣考察 | 更新情報をチェックする
2007年12月29日
子どものころには昆虫はおもちゃのようなもので、かなり下等で見下すことも多いのですが、大人になってゆっくりじっくり向き合ってみると、なんとも言えないような経験をすることがあります。

■殺意物質論
カメラで昆虫を接写するとき、不思議と逃げることが少ないです。
『逃げないでねー』と思いながら構えると、その確率は高くなります。
このような現象は人間界では何と言うのかと言えばテレパシーになるでしょう。
しかし、テレパシー自体は何者なのかはよくわかっていません。
もし昆虫がそれを捉えているとすれば、化学物質のようなものかもしれません。

『殺意』という言葉がありますが、一方が他方を狙うときに出る何かがあるとすれば、それを人間界では『殺意』と言います。
似たようなものとしてわかっているものでは、アドレナリンがあります。
怒りを感じたときに分泌される化学物質です。
これと同じようなもので液体でも固体でも気体でもなく、電波のようなものがあるとすれば、昆虫や他の生き物も含めてそれを感じ取ることができているかもしれません。

『逃げないでねー』と思っている生き物からはこの物質は感じず、捕獲して虫かごに入れようとして狙っている生き物からは感じるのかもしれません。

もしこの物質があるとしても、それは全昆虫に通じると考えるのは不自然です。
種類ごとに知能にも差があり、生態の違いで感じ方の強弱や別の種類で感じ取るものもいると考えたほうが自然です。
自分の経験から言えば、アリはわかりやすいです。意外なのはワラジムシなんかもわかりやすいです。こちらの何かを感じ取っているようすがわかります。

殺意物質論というのは、敵は敵、敵じゃないのは中立か味方という考え方です。
マイナスの物質の有無でプラスマイナスを判断しているかんじです。


■愛情物質論
これは、普遍的かつ長期的に愛情を注いだ場合、それを感じ取るという考え方です。
心配したり気にしたりする感情は、パワフルな種類に属すると思います。
謎の物質があるならば、それは他の物質よりもはるかにとてつもなく強く発せられるものかもしれません。
一生懸命看病したのに死んでしまって、何もしてあげられなかったと思っていても、実は生命維持の物質を送り込んでいたかもしれません。
ゲームの世界では、呪文でHP(生命力)を上げるということが行われています。これと似たようなことです。

魚でも子育てをする種類があり、子孫に対しての一種の愛情を持つものも現に存在します。
発するものが存在するならば、それを感じていても不思議ではありません。

病気で動けなかった小動物が、亡くなる前に元気に走って見せたという体験を、知人はしています。
元気なときもずっと可愛がり、病気になってもずっと看病していた知人の愛情を、小動物が感じ取っていたような出来事です。
小動物なので高等な知能のせいか、逆に人間を思いやるようなことをしています。
生活環境を整えてあげたり、おいしいものをあげたり、いつも気にしてあげたり、病気のときに看病したり、そういうときに受動的に『ありがとう』を思うのもあるかもしれません。
能動的であれ受動的であれ、ペア的な要素もあるので、けっこう現実にあるかもしれません。


■慣れあい論
前にカブトムシを飼っていたときに思いました。
卵のころから成虫になるまでの一貫した飼育で、何度もマット交換などで体にさわっていました。
すると、そのような育ち方をしたカブトムシの成虫は、人間を恐れたり警戒したりするような動作を見せなくなりました。
昆虫ゼリーをあげると猫まっしぐら状態になり、ケース掃除のときは暴れずにじっとしていました。
これは、危害を加えないことを理解した例です。


■総論
これらは、それぞれが独立した固有のものではなく、複数のものがその割合を変えて複合的に表れるものだと考えます。
4:4:2かもしれませんし、6:4の二つだけかもしれません。
いずれにせよ、いろいろな生き物を長く飼っていると、このような何かが無ければ説明がつかないことがかなりあります。
昆虫も生き物であり、何かの疎通をしているはずで、それが人間とでもできることがあるならば、ああそうだったのかと理解できることが多くあります。
犬や猫があれだけ感情豊かでさまざまな場面を人間との間に見せてくれるのであれば、昆虫にはそういうものがゼロであるとは言い切れないと思います。
犬や猫よりは少なくてわかりにくいので、普通は感じなく、共有する時間が長かったり深く見つめたりしたときに感じるのかもしれません。
昆虫飼育の魅力のひとつに、意思の疎通ができた喜びというものがあると思います。
ロボットみたいな機械的な体で人間を無視し続けると感じるならば、誰も昆虫を好んで飼わないと思います。
仮に観賞用として飼っていても、すぐ飽きてしまうはずです。
そのような感情が残念ながら犬や猫に対しても存在する昨今、捨て犬や捨て猫が絶えません。非常に悲しくて残念なことです。
お互いに通じる何かがあれば、犬や猫はもちろん、昆虫だって捨てるということはしないでしょう。
可愛がるからわかってくれる、わかってくれるから可愛い、この当たり前のことが昆虫にさえ言えるのだということをわかってくれる人が増えれば、生き物を飼育するということがどんなにすばらしいことか理解されるのかもしれません。
虫けらとはよく言ったもので、とんでもない、犬も猫も昆虫も単なる分類学上の名称で、それらは全部『生き物』なのです。
姿や形や生態で別の種族になってしまった生き物といっしょに暮らすことは、特に変わったことではありません。
地球は人間の星なんだという考え方を排除すれば、それはいとも簡単に理解できることです。
いろいろな生き物とふれあう人間が増えたらいいなと思いつつ、本日の考察を終わりたいと思います。

.........@ノ”<もすこし短くまとめられないのかよっ        (*^^*ゞ
タグ:飼育 昆虫 考察
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 真剣考察 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る