2014年02月15日
シュンギク健在なり

窓から射す冬陽を浴びながら車庫の中で生き抜く春菊。今季の車庫の最低気温は5℃ぐらいなので、氷点下でなければ生き抜くようです。
上のほうの葉っぱが黄色くなり始めたので、液肥でもあげようかと思います。春になって花を見たいわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年03月26日
背丈を伸ばすシュンギク

1か月ほど前はこんなかんじでしたが、その後上へ上へと背丈を伸ばし、春の開花に向けて順調に生長中です。


背丈を伸ばすシュンギク

当初は葉が黄色くなるのを養分不足と思っていましたが、観察を続けると伸びる葉っぱは黄色の状態で姿を現し、徐々に端から緑色に変わっていくことがわかりました。
緑色になった部分はつやがあり、厚みも適度にあるので心配ないようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年04月19日
眠りから覚める九条太ネギ

葉をかなり切られたまま冬に突入した九条太ネギですが、早くもすごい勢いで生長を再開しました。
ネギはかなり耐寒性のある植物なので、普通に畑などに植えていても冬を越します。


眠りから覚める九条太ネギ

左側のプランター。倒れないように支えていましたが、そのヒモがかなりきつくなっており、太さも生長していました。今はヒモも棒も取り去り、土を足しています。

眠りから覚める九条太ネギ

右側のプランター。こちらも立派に成長しました。同様に土を足してさらなる成長を試みます。
鍋焼きうどんにネギを入れることも再開しており、まさに雪に埋もれる季節以外はネギ食べ放題となっております。越冬後のネギは厚くて歯ごたえもあり、しかも甘くておいしいです。手のかからない野菜でもあり、これは本当に植えて良かったと思います。
季節的にはこれからネギ坊主が伸びてくると思いますが、基本的には切ります。ただ、せっかくやっている家庭菜園なので、いくつかはネギ坊主を残して経緯を観察する予定です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年04月22日
生き抜いているキャベツ

去年無事に収穫したキャベツですが、放置しておいたら脇芽が伸びて生長中です。
雪の下に何度も長期間埋もれ、葉もかなり凍結したと思われますが、寒さにはめっぽう強いようです。
このままにしておいても花が咲くだけですし、今年の家庭菜園の準備の関係もありますので、近いうちにカタツムリのえさになることを最後の仕事にさせる予定です。
ちなみに、今年もキャベツは植えたいなと思っています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年04月23日
トウガラシは生きているのだろうか

車庫の中で越冬実験中のトウガラシですが、そろそろ今年度のトウガラシ栽培の準備をする関係で生きているのかどうかを確かめることにしました。


トウガラシは生きているのだろうか

枝の先端を切ってみましたが、濡れていました。…ということは生きている可能性が高いです。
高い気温を好む植物なので、まだ今の気温では活動を開始しないのかもしれません。もう少し待てば脇芽を出してくるかもしれないので、このまま待ちたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年04月24日
重宝している九条太ネギ

もはや葉ネギの域を超えている九条太ネギですが、日常ではこんな使い方をしています。


重宝している九条太ネギ

葉の下の方から2本ほど切り、鍋焼きうどんにわんさか入れます。


重宝している九条太ネギ

どんぶりの上でハサミでチョッキン。熱い汁に触れるにしたがって徐々にやわらかく甘くなっていくネギですが、冬越し後のネギなので葉はかなりの厚みがあります。なので、完全にはやわらかくならず、ネギの風味を楽しめます。
あと、気のせいかもしれませんが、この緑色の葉の味が普通のネギと比べておいしいのであります。何といいますか、単なる香辛料としての"やくみ"ではなく、ネギ風味の甘い葉野菜のようなかんじ。なので、これほどたくさん入れても気分はホウレン草なわけです。
ちなみに、赤いものはトウガラシ。去年収穫した量の半分くらいはすでに消費済みです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る