2017年01月01日
あけおめな次第
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(16) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年01月13日
久々レタスのカタツムリ その1

最近またサツマイモが続いていたので、レタスのバキバキした外葉をあげて緑を摂らせるようにしました。
これは筋あり4兄弟。


久々レタスのカタツムリ その1

同じく筋あり4兄弟。2匹は元気、もう2匹は眠たそうです。


久々レタスのカタツムリ その1

筋無し4兄弟も眠そうにしていました。


久々レタスのカタツムリ その1

同じく筋無し4兄弟。他の3匹は起きてます。


久々レタスのカタツムリ その1

老夫婦&2母組。ふたの裏を散歩しているのは、2母の片割れ。


久々レタスのカタツムリ その1

老夫婦の片割れも壁面で休んでいました。
簡易掃除をして霧吹きをしたので、そのうち降りて食べ始めるでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年01月15日
久々レタスのカタツムリ その2

水浴び中の純筋あり4兄弟。殻を半分水に沈めています。


久々レタスのカタツムリ その2

そんな純筋あり4兄弟にもレタスをあげた次第。バキバキ食ってます。


久々レタスのカタツムリ その2

こっちは純筋無し4兄弟。ふたの裏で遊んでました。


久々レタスのカタツムリ その2

1匹眠そうにしていましたが、若いのでレタスの上に移動。そのうちバキバキ食べ始めるでしょう。
キャベツでもそうですが、葉の色の薄い部分よりも濃い部分を好んで食べます。同じレタスでも、内側の色の薄い葉は驚くほど食べません。
まあ、普通は葉というものは緑色なのでカタツムリも普通に緑色の部分を食べますが、葉の芯の部分は甘いので、そこを食べる個体もいます。
人間は食感や味を重視しすぎて、キャベツでもハクサイでもレタスでも色の薄い内側ばかりを食べますが、自分はレタスなら濃い緑の葉も普通に食べます。適度な歯ごたえと苦みがいいのであります。
なので、レタスは緑の葉がわんさか付いた状態で売っている時だけ買いますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年02月02日
久々ニンジンカタツムリ その1

久々になりましたが、ニンジンをあげてみることにしました。


久々ニンジンカタツムリ その1

筋無し4兄弟なわけです。


久々ニンジンカタツムリ その1

口ですなw


久々ニンジンカタツムリ その1

こっちは筋あり4兄弟。


久々ニンジンカタツムリ その1

勢いよく這い上がってきます。殻の掃除でしょうか。


久々ニンジンカタツムリ その1

這い上がってこないほうが殻の掃除でしたw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年02月04日
久々ニンジンカタツムリ その2

超ベテラン組は、ニンジンは食べ慣れた食材です。


久々ニンジンカタツムリ その2

老夫婦の片割れと2母の片割れ組。


久々ニンジンカタツムリ その2

こっちは、純筋あり4兄弟。カメラもよく意識します。


久々ニンジンカタツムリ その2

食べ慣れてはいませんが、興味津々です。


久々ニンジンカタツムリ その2

純筋無し4兄弟は、愛が芽生えたようです。


久々ニンジンカタツムリ その2

今年は産卵が予想されるのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年02月25日
カタツムリの穴掘り行動確認

これは、筋無し4兄弟が砂利に掘った穴。1か月前ぐらいから、時々見られるようになりました。
普段は穴掘りはしないので、何らかの特別な行動です。産卵環境のチェックかもしれません。


カタツムリの穴掘り行動確認

こっちは、老夫婦の片割れと2母の片割れの飼育ケースに見られた穴。
やはり、普段は見られない特別な行動です。


カタツムリの穴掘り行動確認

そうこうしている間に、老夫婦の片割れがまた穴を掘りだしています。


カタツムリの穴掘り行動確認

2母の片割れは上で傍観中。
先述の筋無し4兄弟とこの老夫婦の片割れは産卵が最も活発な個体であり、やはり産卵に関係しているのかもしれません。
砂利や土を掘る理由は種類や環境によって様々ですが、極度に乾燥すると土の中の湿り気を求めて穴を掘る場合があります。また、樹上性の弱いウスカワマイマイなどは、いろんな場面でよく土を利用すると思います。
今回のアオモリマイマイは本来樹上性が強い種類であり、湿り気も十分な飼育環境で暮らしているので、ますます産卵の兆しかと思うのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(15) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る