2007年09月06日
雑草のカタバミを栽培する理由

ブロックの脇から、アスファルトの隙間から、土があれば顔を出しているこの植物は、カタバミです。
強靭な生命力と繁殖力を持つカタバミは、刈っても刈っても次々と芽を出し、やっかいな雑草として知られています。

そんな生命力旺盛な雑草をわざわざ植え替え、どうして栽培しているのか。
それは、ヤマトシジミというチョウの幼虫の唯一の食草だからです。

雑草として自然に生えているカタバミの多くは、養分の少ない土地に生え、葉っぱもすごく小さいのが現状です。
ただでさえ小さくしか育たないのに、度重なる草刈りや道路舗装で、個体数も減ってきていると思います。

このような状況では、産卵のためにカタバミを探すヤマトシジミの親にとっても、死活問題となってしまいます。
また、孵化した幼虫も食べ物があっという間に無くなっては、餓死する可能性もあります。
そんなの、どの生き物でも同じなような気がしますが、ヤマトシジミというチョウは移動力が極めて乏しく、限られた狭い範囲を生活圏としています。
ちょっと草刈りをしただけでも、その土地を生活圏としていたヤマトシジミは、他の土地に移動することなく、途絶えてしまいます。

去年、ヤマトシジミの写真を撮ったことがありました。
同じく、ヤマトシジミの幼虫の写真も撮りました。
生き物を観察するにあたって、前はあんなにいたのに最近は見なくなったなというのは寂しいものです。
ヤマトシジミは小さくて地味なチョウですが、よく見ると非常に美しいチョウです。
どこかでさりげなく飛び続けていてほしいと思い、カタバミの栽培を始めました。
産卵してくれないと意味が無いのですが、いつかヤマトシジミが見つけて産卵してくれればと思っています。
今栽培しているカタバミはまだまだ少ないですが、もっと増やしていくつもりです。

雑草というものは、生えてほしくないところに生えるから雑草なのであり、プランターという区域で育ち、それが必要とされた時点で雑草ではなくなるのだと思います。
ヤマトシジミの唯一の食草、カタバミ。
ヤマトシジミの繁栄は、カタバミの繁栄にかかっています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | ヤマトシジミとカタバミ | 更新情報をチェックする
2007年09月13日
写真館-カタバミ開花

黄色くて小さな花、カタバミの花が咲きました。

最近は毎日のようにヤマトシジミを見かけます。
庭にも2〜3匹は必ずいます。
羽化した個体数がピークの季節なのかもしれません。

カタバミという植物はハート型の三つ葉で見た目にもかわいいので、雑草だなんだと隅に追いやるにはもったいない風貌です。
夜になると葉を閉じる様子も、なかなかいとをかし。
その上に二つ三つなど黄色い花が咲くのもさらなり。
食べ跡があったので、ついにヤマトシジミの幼虫かと見たら、毛虫だとわろしw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ヤマトシジミとカタバミ | 更新情報をチェックする
2007年09月14日
カタバミにヤマトシジミが産卵!

カタバミの葉っぱが、何者かに食べられています。
もしかしてと思い、葉っぱの裏をさがしてみたら・・・


カタバミにヤマトシジミが産卵!

あ!何かいます。大きくしてみましょう。


カタバミにヤマトシジミが産卵!

ヤマトシジミの幼虫イタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
まさかまだ産卵はしないだろうと思い、水をやるだけでよく見ていませんでした。
いつの間にか産卵し、幼虫が孵化して成長中でした。

まだいないかと、さらによく見てみると・・・


カタバミにヤマトシジミが産卵!

ん?もしかして卵なのか・・・


カタバミにヤマトシジミが産卵!

ヤマトシジミの産卵キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
中央が大きく凹んでいるように見えて、表面にボツボツがあるのが特徴です。
あまりにも小さいため、拡大すると画面が粗くなるのはしかたがありません。

そんなわけで、ヤマトシジミの産卵を期待して始めたカタバミの栽培ですが、うまく見つけてくれて産卵してくれました。
ここからは、「写真館」の「カタバミ」ではなく、ヤマトシジミの飼育日記ということで続けたいと思います。
カテゴリに「ヤマトシジミ」を追加し、「写真館」から分離して独立させました。

アゲハ飼育の時のように過保護にせず、置き場所もこのまま外にします。
自然のままの温度と湿度で育ったカタバミを食べ、時期が来たらなんのことなく羽化してどこかへ飛んで行く・・・
そんなありのままの姿を、遠くから時々見ていきます。


カタバミにヤマトシジミが産卵!

そんなカタバミも、早くも種子を飛ばす準備ができたようです。


PS
カエルの写真が増えてきたので、カテゴリに「カエル」を追加しました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | ヤマトシジミとカタバミ | 更新情報をチェックする
2007年09月20日
カタバミ第二弾増殖

ヤマトシジミの幼虫が順調に葉っぱを食べているようなので、別の鉢で栽培していたカタバミを移植しました。
手前の小さいほうが、新しく移植したほうです。


カタバミ第二弾増殖

肥料の入った土に移植したので、そのうち左のように大きくなるはずです。


カタバミ第二弾増殖

・・・と、そんなところへヤマトシジミの登場です。


カタバミ第二弾増殖

めずらしく羽根を広げるヤマトシジミ。
シジミ貝のような色をしています。
久々の晴天ですが風は冷たく、日光浴かもしれません。
また、産卵場所確認後の求愛行動かもしれません。


カタバミ第二弾増殖

こらぁぁぁっ!イチゴに産むなぁぁぁっ!Σ(゚д゚lll)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ヤマトシジミとカタバミ | 更新情報をチェックする
2007年09月29日
カタバミに産卵するヤマトシジミ

腹部をぐにゃりと曲げて、カタバミの葉に産卵中です。


カタバミに産卵するヤマトシジミ

よく見たら、2匹で来てました。夫婦なのでしょうか。


カタバミに産卵するヤマトシジミ

カタバミの花の蜜を吸うヤマトシジミ。
産卵場になるだけではなく、親の食糧も提供するカタバミは、ヤマトシジミにっとて欠かせない植物です。


カタバミに産卵するヤマトシジミ

カメラのほうを向いてキメのポーズをとってくれたので、記念撮影。
カタバミは育て続けるから、いっぱい産めよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ヤマトシジミとカタバミ | 更新情報をチェックする
2007年10月04日
少し大きくなったヤマトシジミの幼虫

カタバミの葉を食べて、順調に成長中のヤマトシジミの幼虫。
葉の裏側にいることが多く、色も同化しているのでなかなか見つけられません。
手前の黒い粒は、ふんです。
奥の白いものは、卵です。


少し大きくなったヤマトシジミの幼虫

プランターの左半分だけだと足りないだろうなと、あとから植えた右半分。
ところが、左半分から地面を這うように茎がどんどん伸び、右側を侵食中です。
想像以上の生命力ですが、幼虫も負けじとどんどん食べています。
卵もたくさん産まれているようなので、複数の幼虫がいるはずです。

ヤマトシジミの成虫も多いときで5〜6匹集まり、なかなかの人気スポットとなってきました。
これでもかと大きくなるカタバミに、これでもかと産卵し、これでもかと食べる幼虫。
いよいよ、スケールが大きくなってまいりました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(11) | ヤマトシジミとカタバミ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る