2006年04月22日
写真館-タンポポ三連遠近
写真館-タンポポ

写真館-ツクシ開花
写真館-ツクシ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2006年05月03日
写真館-桜満開

澄み渡る青空に輝く淡いピンク。北国の春。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2006年10月19日
写真館-噴水のような花、ホトトギス

花というのは平べったいものが多いですが、このホトトギスという花は噴水のような花が咲き、実にきれいです。
白地に紫の斑点も緑に映え、なかなかの上品さ。

ハチもよく集まりますが、見てると中心部の奥のほうに頭を突っ込んでいるので、蜜は奥のほうにあるようです。

日かげのじめじめしたところを好むこの植物は、真夏の直射日光や暑さは苦手です。
秋も終わりになると花は枯れ、薄いさやの中に黒い種子をつけるところもなかなか不思議。もともと山草ですから、生態もアサガオやヒマワリとは違うわけです。
このホトトギス、うちの庭の日かげのところに今も咲いています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2006年10月25日
写真館-山椒の実

庭の山椒の木に実った実です。

赤い実の中に種子かでき、そのうち実が割れて乾燥します。
種子は、白い糸のようなものでしばらくはくっついていますが、さらに乾燥が進むとこぼれ落ちます。

夏にはこの木でアゲハの幼虫を発見したのですが、今はもうどこにも見当たりません。
アゲハは育ち、山椒の実は成る、ぼくはココロオドル。
タグ:写真 画像 山椒
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2007年03月03日
写真館-福寿草開花

冬の花、正月の花、そんなイメージがある福寿草ですが、うちの庭に咲く福寿草は、もっぱら春を告げる花になっています。

ドカ雪が降る季節もピークを過ぎ、日中の最高気温も上がってきたなというときに、ぽっこり黄金色の花を咲かせるこの花。
毎年決まって同じ時期に咲く福寿草、たまたま冬眠から目が覚めたミツバチたちにとっては、モーニングコーヒー的な存在なのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2007年03月28日
写真館-今年一番のタンポポ開花

今年になって初めてのタンポポの花、春の予感です。

それにしてもタンポポは何気にすごいです。
氷点下でも雪の中でも緑の葉を地面にくっつけて、ひたすら耐えています。
踏まれても抜かれても、地面深く伸びた根から次々と新芽が出てきます。

人が一番長く見てきた花が、このタンポポかもしれません。
開花期間が長いばかりではなく、旺盛な繁殖力と広い順応性。
いつでもどこでも咲いている花、だからこそいつも目に映っていたのかもしれません。

ぼくはサバイバルマニアというか非常時マニアで、非常時に関する本を読むのが好きです。非常持出袋なんかも用意してます。
非常時に関する本にも載っていたのですが、タンポポは花も葉も根も食べられるそうです。
少し苦味があるがくせも無く食べやすいと書かれていました。
野外の避難所でおかゆを作って食べるときに、いっしょに入れると貴重なビタミン摂取にもなり、味もいいそうです。
どこにでも育つタンポポ、自然の非常食のようです。

避難所では、たとえ水や炭水化物類が支給されたり非常袋に入ってたりしても、野菜類が極端に少なく、おなかがいっぱいでもビタミン不足で体調を崩す人が多く出ます。

避難所での生活で最悪のケースを想定すれば、なんとか恵んでもらったひとつかみの米を、川の水と拾った空き缶と自分でおこした火で炊飯しなければならないことも無いとは言えません。
そのような時こそ、タンポポが命をつないでくれます。
おいしいタンポポ雑炊で、明日への希望をつなげましょう。
というか、「非常時ブログ」でも作りたくなってきたw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る