2009年05月29日
つる状にどんどん伸びるツルウメモドキの枝を剪定していたら、切り落とした枝についた葉っぱの裏に、黄色いものを発見しました。


ナミテントウの飼育開始

ナミテントウの卵です。
産んであったのに気づけば、その枝は切らないはずでした。


ナミテントウの飼育開始

14個あるようです。
このまま放置しても、やがて葉っぱは枯れ、孵化した幼虫もえさまでたどりつけません。


ナミテントウの飼育開始

人為的ミスということで、保護することにしました。
飼育びんに入れて、暖かいところに置きます。


ナミテントウの飼育開始

枝は水にさして、口を脱脂綿でふさぎます。


ナミテントウの飼育開始

うまく孵化してくれるでしょうか。
育てるにはアブラムシの補給が必要なのですが、なんせすごい食欲なので、大量に確保しなければなりません。
テントウムシ飼育というものは、大変なのであります。
うまく成虫にまで育ったら、アブラムシがたくさん発生するはずのヨモギに移す予定です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ナミテントウ | 更新情報をチェックする
2009年06月01日
ナミテントウが孵化

ナミテントウの卵を見たら、黒いものが見えました。
孵化したようです。


ナミテントウが孵化

卵から出てきたナミテントウの幼虫。
孵化していない黄色い卵が何個か残っていますが、色が変わっていないので孵化しない卵だと思われます。


ナミテントウが孵化

7〜8匹見えますが、正確な数は確認できません。


ナミテントウが孵化

アブラムシがついたヨモギの枝を水を入れたビンに入れ、えさとして投入しました。


ナミテントウが孵化

ヒゲナガアブラムシの一種です。
ちなみに、孵化したナミテントウの幼虫とほぼ同じ大きさですが、ナミテントウの幼虫は自分の体より大きなアブラムシにもかじりついて体液を吸うので、大丈夫です。

小さいものが小さいものを食べる飼育は繊細で神経を使いますので、今が試練の時なわけです。
それらがどうなっているのかも肉眼では判断できず、デジカメで撮ってパソコンのモニターで見て、そこで初めてわかる次第。
顕微鏡で微生物の飼育をしているのと似た要素があります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ナミテントウ | 更新情報をチェックする
2009年06月03日
食事を始めたナミテントウの幼虫

孵化したナミテントウの幼虫は、そのまましばらく一か所に固まっていましたが、本日いっせいに散ってアブラムシの中に突入しました。
小さい被写体のびん越しの撮影なので、画質がだめです。
まあ、大きさの対比ということで、こんなもんです。

なお、びんのふたに使っている硬質綿状の紙ですが、通気が悪いようでびんの内側が曇ってしまい、腐敗や菌の繁殖が心配です。
ヨモギの蒸散が激しいのもあると思いますが、別のものを使うことにしました。
2枚重ねの普通のキッチンペーパーを1枚だけにし、それを切って輪ゴムでふたをします。これで通気は良くなるでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ナミテントウ | 更新情報をチェックする
2009年06月04日
アブラムシを捕食するナミテントウの幼虫

飼育びんの内側で、ナミテントウの幼虫がアブラムシを捕えていました。
袋に入ったジュースを飲むように、ちゅうちゅう吸っています。
とりあえず食べているところを確認できたので、まずはひと安心。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | ナミテントウ | 更新情報をチェックする
2009年06月06日
生長するナミテントウの幼虫

ナナホシテントウだと思って飼育を始めましたが、ナミテントウであることが判明しました。
ナナホシテントウの幼虫はオレンジ色の部分が分散して離れていますが、この幼虫は一か所にくっついています。
そんなわけで、当カテゴリー名や過去記事の文中表記を訂正しました。


生長するナミテントウの幼虫

アブラムシのほとんどを食いつくしてうろうろ探していたので、本日新しいアブラムシ付きのヨモギの枝を入れました。
さっそく緑色のアブラムシをくわえています。


生長するナミテントウの幼虫

こちらは、襲いかかる直前のようです。


生長するナミテントウの幼虫

体液を吸いとられてしぼんでしまい、殻だけになったアブラムシ。
ヨモギの葉っぱの裏は綿状になっているので、それに引っかかっている状態です。


生長するナミテントウの幼虫

幼虫が脱皮した抜け殻がありました。
現在の体長は6〜7mmぐらいなので、たぶん3齢幼虫だと思われます。総数は、6匹です。
あと1回脱皮して4齢になり、その後サナギになります。
順調にいけば、あと10日ほどでサナギの姿を見ることができるでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | ナミテントウ | 更新情報をチェックする
2009年06月08日
ナミテントウの脱皮

本日、ナミテントウの幼虫が3齢から4齢(終齢)に脱皮しました。
脱皮直後はまだ黄色いですが、次第に黒くなっていきます。

最後の栄養を蓄えるために食欲はさらに増し、6〜7日後にはサナギになると思います。
他の幼虫も一斉に動きを止めてじっとしているので、まもなく脱皮するようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | ナミテントウ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る