2013年09月04日
ヨトウムシが羽化

『ぁぃさーん、羽化だお、羽化したお!』


ヨトウムシが羽化

なんだか声が聞こえたような気がしたので見てみると、ここで羽化待ちだったサナギが羽化していました。


ヨトウムシが羽化

ミニトマトの青い実に穴をあけて食べていたヨトウムシは、調べてみたらシロシタヨトウという蛾の幼虫だったようです。念のため幼虫の写真も照合したところ、やはり正解でした。


ヨトウムシが羽化

サナギの抜け殻。例のごとく、ハッチが開くようにスルリと出てきたようです。


ヨトウムシが羽化

ちなみに、謎の赤と黒の毛虫はキャベツを食べながら生存中。…つか、これ確保した記事書いてなかった次第。そこらで多めに発生しているので、この毛虫も羽化させて正体を突き止めようというわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
2013年08月27日
トマトも熟すヨトウムシのサナギ

ここでサナギになったヨトウムシですが、羽化までの期間のうち3分の2を過ぎようとしています。
横に置いた青かったミニトマトもすっかり赤くなり、時の流れを感じさせます。ちなみにカビてもいなく腐ってもいなく、ドライフラワー状態なわけです。
ミニトマトのゼリー部を食べていたグルメなヨトウムシでしたが、その個性に敬意を表したいとのことで確保中なわけです。あと十数日ぐらいで羽化すると思われます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
2013年08月14日
サナギになったヨトウムシ

ここでサナギになりそうにしていたヨトウムシですが、無事にサナギになりました。3週間ぐらいで羽化すると思われます。
大きさは2cmぐらい。幼虫時代は5cmぐらいあったので、かなり小さくなりました。
写真を撮ったときのフラッシュにピクンピクン反応していたので、この状態でも明るさはわかるようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
2013年08月12日
サナギになりそうなヨトウムシ

ここで確保したヨトウムシですが、5cmぐらいあった体長も3cmぐらいに短くなり、どうやらサナギになる気配です。
確保時はニンジンやリンゴをあげましたが少ししか食べなかったので、採取場で食べていたミニトマトの青実をあげました。
ところがこれも食べず、体がどんどん小さくなっていき、まさに蛹化直前の状況だったというわけです。
今日の段階ではまだ腹足でゆっくりと歩けますが、体の色や模様が刻々と変化しており、数日後にはサナギになると思われます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
2010年04月18日
ヨトウガ、自然の中へ

そんなわけで、羽化したヨトウガを自然に帰すことにしました。
ふたを開けて気温に慣れるようにします。いつまでたっても動かないので、指に乗せて移動することにしました。


ヨトウガ、自然の中へ

久しぶりの土のにおいを嗅いで、野生に戻るヨトウガ。


ヨトウガ、自然の中へ

サナギの抜け殻。出てきた部分がぱっくりと割れています。


ヨトウガ、自然の中へ

幼虫時代の抜け殻。右側の丸い部分が頭部、中央上部に脚が見えます。
脚以降の下半分の皮は蛇腹のように縮んでいます。

これでようやくヨトウムシの保護管理が終わりました。
前回のヨトウガ保護のときやアゲハ飼育のときもそうでしたが、羽化した成虫を自然に帰すときに指を差し出すとその指に乗ってくるのがかわいいわけです。逃げるわけでもなし、刺したりかみついたりすることも無し、実に素直な行動をします。これから自然に帰されることを知っているかのように、自分から移動してきます。
敵対することも少なくない昆虫ですが、昆虫もひとつの生命体。純粋に生きようとします。当たり前のことなんですけど。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(10) | TrackBack(1) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
2010年04月17日
ヨトウムシが羽化

ふとサナギを見てみたら、黒い物体が2個になっていました。羽化です。


ヨトウムシが羽化

『さっき羽化したお』

まさに羽化したてのようで、背中の毛がまだ濡れています。
しばらくは乾燥時間になります。


ヨトウムシが羽化

紋がはっきり出ていますが、ヨトウガのなかまでしょう。体長は羽根の先まで2cm弱です。


ヨトウムシが羽化

あんなに黒かったサナギが、また茶色に戻っています。黒く見えたのは、やはり体の色だったようです。

花壇の虹色スミレを鉢に植え替えたときに、いつの間にか紛れ込んでいた幼虫。一度起きたのをまた眠らせるのもあれなので、キャベツを与えながらなんとか羽化までたどり着きました。
ヨトウムシは園芸の敵ですが、これも何かの縁ということで育てた次第。兵士は戦場でしか戦をしないのであります。

夕方羽化したので、一晩休ませて明日の暖かい時間帯に放したいと思います。
( ゚∀゚)o彡°帰ってくるなよ〜w
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(8) | TrackBack(0) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る