2019年07月18日
四季なりイチゴの子株作戦開始

少し前に葉をかなり伐採した四季なりイチゴですが、もうこんなに葉が伸びました。残しておいた長ーく伸びた葉は切っています。
ちなみに、上段右端の植物はたぶんネジバナ。どこからか種が飛んできて育っているので、放置しています。


四季なりイチゴの子株作戦開始

伸びているランナーを集め、子株&孫株をとる準備を開始。できれば孫株をとりたいのですが、状況によっては子株になるかもしれません。
親株は少ない葉で必死にランナーを伸ばしています。なので、この時季も追肥は欠かせません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年07月17日
ミニトマト今季初収穫

第一花房の根本の実が赤くなりました。完熟状態の4個を今季初収穫したいと思う次第。


ミニトマト今季初収穫

4個収穫。さっそく食べてみましたが、やっぱり売ってるものとは違ってすごく濃い味。甘さや酸っぱさだけでなく、うまみも濃いです。しかし、皮はとんでもなく厚いw
これからどんどん赤くなり、毎年恒例のミニトマトな日々がやってきます。今年もいっぱいリコピン摂るぞー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年07月17日
ツツジにチュウレンジバチの幼虫

そろそろいるころだなとツツジの葉っぱを探したら、やっぱりいました。
まだ時季が早いので小さいですが、チュウレンジバチの幼虫です。
毎年いろいろ観察していると、自然というと大げさですが庭の虫のサイクルが見えてくるのでおもしろいわけです。なんだかんだいつも虫といっしょに生きてるんだなーと和む次第。植物を枯らすほどの害でなければ、極力同居希望なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年07月16日
ワイルドストロベリーヨーグルト第2弾

またまたワイルドストロベリーの実が完熟です。今回もヨーグルトを作りましょう(^O^)


ワイルドストロベリーヨーグルト第2弾

これだけ収穫。前回より多いです。


ワイルドストロベリーヨーグルト第2弾

ポリ袋に入れてよくつぶす
→生乳タイプのヨーグルトにシュガーを入れて混ぜておく
→甘くなったヨーグルトとイチゴソースを混ぜる


ワイルドストロベリーヨーグルト第2弾

割り箸で混ぜるw
→なるべく泡立てないように静かに数分混ぜる
→容器には初めにヨーグルトを入れる


ワイルドストロベリーヨーグルト第2弾

次に混ぜたイチゴソースを入れ、1個だけ取っておいた実を静かに乗せる。


ワイルドストロベリーヨーグルト第2弾

ああおいしい(^O^)

まじな話ですが、売っているどのストロベリーヨーグルトよりもおいしいです。
酸味がちゃんとあって香りプンプン。種をカリカリ噛みながら至福のカフェタイムなのであります。

改善点としては、初めに入れたヨーグルトは容器の半分だったのに、撮影時は3分の2ぐらいに見えたこと。
これは、混ぜたイチゴソースを入れる時に容器の中心部から注いだことにより、重さで中央部が沈んでヨーグルトのかさが増えたわけです。イチゴソースのほうがヨーグルトより重いのであります。なので、注ぐときは中心部からではなく端から注げばよかったかなと思う次第。
今年はもう収穫は無いと思うので、来年以降の課題ですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ワイルドストロベリー | 更新情報をチェックする
2019年07月16日
ミナミヒメヒラタアブ参上

1cmもない小さなヒラタアブなのですが、なぜか見つけたら撮ってしまうミナミヒメヒラタアブ。
気温もあまり上がらなくて、虫の出現としてはまだまだこれからです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年07月16日
ヨトウムシを確保

4〜5日前に、室内に置いているあまおう(イチゴ)の育苗中の苗に食痕を発見。室内に置く前は外に出していましたが、その時に何者かが侵入していたようです。


ヨトウムシを確保

犯人発見。ヨトウムシっぽいです。体長は1.5cm。イチゴの葉を食べるとは、なんともグルメなヨトウムシなのであります。


ヨトウムシを確保

どうしようかと迷っているうちに時間が経過し、本日確保状態にあり。ワイルドストロベリーの葉ならいくらでもあるのであげてみたら、普通に食べ始めました。


ヨトウムシを確保

発見から4〜5日経過し、体長が2cm弱になりました。色も緑がかっていたかんじが黒っぽくなっています。


ヨトウムシを確保

上から見たところ。


ヨトウムシを確保

ヨトウムシにしては大人しくて愛嬌もあるので、もう少し確保状態を続行する次第。
発見時もそうでしたが、確保中も葉の食べ始めはいつも真ん中からです。普通は端から食べ始める幼虫が多いですが、この幼虫は葉脈のところを裏からかじり、そこをスタート地点として葉を食べ進むようです。結果的に、葉に穴が開いたような食痕になるわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | あまおう | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る