2017年06月16日
相変わらずの妙丹柿

下のほうの葉が枯れる現象は、定期的にやってきます。ただ、それ以上に上から新しい葉っぱが出てくるので、全体的には少しずつですが大きくなっている状況。
まだ室内の窓際に置いていますが、いずれは外に出さなければなりません。その際、直射日光に馴れさせながらゆっくり出していくことも忘れないようにしなければなりません。非常に気を使う状況になっている妙丹柿なのであります。
タグ:妙丹柿 実生
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 妙丹柿 | 更新情報をチェックする
2017年06月16日
83cmのホウレンソウ

縦長極細画像失礼w
開花しながら上へ上へと伸びていたホウレンソウも83cmの背丈となりましたが、葉が全体的に黄変しており、そろそろ寿命のようです。
雄株との受粉が無い雌株なので種はできませんが、本来の姿を見せてくれたこのホウレンソウに感謝感謝なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2017年06月15日
何気に棲みつくヒメカメノコテントウ

体長が4mm程度なのでなかなか発見できませんが、毎年庭のどこかで出会えます。
小さい体に似合わずアブラムシを大量に食べてくれるありがたい昆虫なわけです。
こんな形の卵なので、見つけたら丁重に放置しなければなりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年06月15日
ぶしむしっ!(`・ω・´) ヒメマルカツオブシムシ参上

どーにもこーにも「ぶしむし♪」の響きが好きで載せたわけですが、ヒメマルカツオブシムシなわけです。
昆虫の名前には時々変なものがあり、「ジョウカイボン」や「ツマグロオオヨコバイ」あたりはかなり個性的です。
長くて大変なのは「セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ」ですなw
個人的にツボなのは「ドウガネブイブイ」。どんだけ成金なんだよ(^Д^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年06月14日
ヒメアカホシテントウの幼虫

サッシの枠にホコリがついているなとよく見たら、ヒメアカホシテントウの幼虫でした。
ヒメアカホシテントウは毎年野原風花壇のマサキで見つけますが、今回の発見場所はマサキのすぐそば。ちょっと遠出していたようです。
ヒメアカホシテントウは、カイガラムシを食べてくれる超ありがたいテントウムシ。いつまでも棲みついてほしいわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年06月13日
ヒトリガ幼虫の弟が脱皮

兄貴と合流してその大きさに驚いたせいか、直後から弟がふたの裏で動かなくなって脱皮の準備を始めていましたが、無事に脱皮成功とぁぃなった次第。


ヒトリガ幼虫の弟が脱皮

よかったよかった(^O^)


ヒトリガ幼虫の弟が脱皮

毛並もより美しくなりました。


ヒトリガ幼虫の弟が脱皮

兄貴のほうももりもり食べて元気です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る