2006年03月30日
カタツムリ

カタツムリを飼うのは初めてで、その生態はまだあまりわかっていません。
どんな冬眠のしかたをするのか、そんなことさえ今初めて見ている状況。

そんな中で、そろそろ冬眠から覚め始めた様子。
その姿を見てびっくりです。

デカくなっていましたっ!

カタツムリは摂取する栄養の具合が殻に出やすく、今までと栄養が変わると殻に線のような模様がつきます。

上の写真をご覧下さい。

飼育し始めたころの大きさがAでした。
その後、Bにまでなったことまではおぼえているのですが、Cのところにも線が見え、今ではご覧のとおりです。

恐らく、冬眠に入る前の大きさがCではなかったのかと思います。

しかし、冬眠中でも成長するのですね。しかもその勢いは冬眠前のそれを越えています。

パッと見て、すぐ「デカいっ!」と気づきます。
いやはや、誠にうれしい限りで、これこそ飼育の醍醐味でもあったりするのです。

そんなカタツムリくん、白いカルシウムを食べながらまだまだ成長しようとしています
.........@ノ”


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2006年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。